香取慎吾の“カツケン”が令和に復活、松平健と夢の共演が実現

0

2020年12月30日 18:00  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

香取慎吾が12月31日(木)16時からテレビ東京で放送の『年忘れにっぽんの歌』に出演することが決定。既に出演が発表されている松平健と共に、マツケン×カツケン夢の競演が実現した。バラエティ番組で誕生した香取扮する松平健(マツケン)のパロディキャラクター・カツケンが、テレビ東京の伝統的な歌番組で復活する。



同番組は日本を代表する歌手によって、誰もが一緒に歌える名曲をお届けしてきた。コロナ禍にあり一時開催も危ぶまれたが、無観客ながら無事53回目の放送が決定。「一緒に歌おう」をテーマに、今年も視聴者を裏切らない「絶対にはずさない名曲」を、6時間放送する。




本日香取慎吾、松平健からコメントも到着した。


Q.オファーが来た時のお気持ちや、久々となった共演のみどころなどをお聞かせください。


松平健(以下松平):本当に懐かしくて…実現できるっていうのがとても嬉しかったです。香取さんがすごく盛り上げてくれたので、「マツケンサンバ供廚より一層楽しいものになったんじゃないですかね。


香取慎吾(以下香取):いやもう嬉しかったです。暮れの歌番組での披露って 1 年の中でもすごく貴重な場所で、大事な時間じゃないですか。そこに呼んでいただけて嬉しいんですけど、「いいんですか?お邪魔して」みたいな。歌うパートも「こんなに歌っちゃっていいんですか?」という感じだったんですけど…今年いろんなことがありましたけど、「マツケンサンバ供廚脳省燭気鵑寮爾鯆阿い討垢瓦元気を貰えたので、早く視聴者のみなさんに見てもらいたいなと思いました。


Q.今年は大変な状況が続きましたが 1 年を振り返ってみていかがでしょうか。

松平:ずっと自粛ムードだったので、視聴者の方やファンの方たちと会う機会がまったくなかったんですね。なので YouTube を始めて、動画を見て頂いたり・・・いろいろ試行錯誤しながらの 1 年でしたけれども、そういう仕事の面でも、人生の生活においても、いろいろ考える時間が多くて。こういう辛抱の時期を乗り越えて、来年はいい年にしたいなと思っています。


香取:元からインドアなほうではあるんですけど、にしても経験したことがないくらい家にいる時間があって。自分よりももっと大変な方はたくさんいますけど、ちょっと心が苦しいなとか、下を向いてしまいそうな時期があったりしながらも、そこをみんなで乗り切った時に、やっぱりエンターテインメントとか音楽とかにも助けられることがあったので。暮れにこういう形で松平さんとご一緒できましたけど、コマーシャルでも歌わせて頂いて。ちょうどこれも家にいる時間からやっとちょっと動き出せるようになってコマーシャル撮影が始まったら、CM の中でも「マツケンサンバ供廚魏里Δ箸いΑ帖「マツケンサンバ」という曲に支えられたり、こうやって歌番組で歌わせて頂いたり、どんどん繋がっていくことが出来て、今年は心が途切れちゃいそうな思いがすごく溢れていたから、人との繋がりに感謝したいですね。


Q.最後に来年に向けての抱負をお聞かせ下さい。

松平:1 日も早く収束して、明るい生活に戻れるように…我々はこうしたエンターテインメントでみなさんを楽しませることができる年にしたいなって思いますね。


香取:まさか連続ドラマをこんなふうにやらさせて頂ける時が来るなんて…。新しく人生を歩み始めてから 3 年ぐらい経ったんですけど、どこか連ドラをやってた自分を自慢してみんなに言うぐらい、もうやることないのかなっていう感じになってたんですけど、改めてお話を頂けて、撮影の段階からなんだかワクワクするし、楽しみだし、その先に放送されたときに見てくれる視聴者のみなさんのことを思う時間も久々で楽しいし…2021 年はテレビ東京でスタートですね!


    ニュース設定