アップアップガールズ(2)、メンバー全員で新年最初の生配信

0

2021年01月09日 12:50  ドワンゴジェイピーnews

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

T-Palette Recordsと音楽専門クラウドファンディングサイト『WIZY』がタッグを組んだ新しいCDリリースの参加を発表したアップアップガールズ(2)が、1月8日(金)にグループのYouTubeチャンネル『にきチャン!』で生配信を実施した。


新年最初のメンバー全員での生配信で、新年のあいさつからスタートし、書初めに挑戦。各々、今年の抱負を書きあげ、視聴しているファンに発表した。最年少のメンバー佐々木ほのかは「才能開花」と披露したが、漢字を間違え笑いを誘った。


新型コロナウイルス感染拡大の影響が長引き、これまでのCDリリース時のライブやリリースイベントが困難な状況が続く中、クラインドファンディングでCDを作成し、新しいCDリリース様式のプロジェクトに参加したことを改めて説明し、残り6日となった現時点で約30%の達成率であることを報告した。また、さらなる支援を求めるため、T-Palette Recordsの担当者からリターンの内容の一部の説明があり、この企画でしか手に入らない限定のパーカーのデザインや、写真集の1カットを紹介した。また、イベントの詳細も発表され更にファンを沸かせた。


また、収録曲の『ぱーれぇ〜』ミュージックビデオを生配信中に1部を公開。アップアップガールズ(2)として初のワンカット撮影に挑戦しており、はじけるメンバーの笑顔が印象的な作品で、番組終了後の21時にはフルサイズMVを解禁した。


生配信中に鍛治島彩が考えたハッシュタグ「#このままじゃ終われま10」と一緒に、MVの映像のなかからお気に入りの一瞬をスクリーンショットtwitterにて投稿する、本MVの拡散を狙った企画も発表された。


生配信の最後に、後日アップ予定の中川千尋と森永新菜が新年に高尾山にリリースのヒット祈願に行った動画のダイジェストも紹介され、今後のさらなる躍進を誓い、あと残り6日と迫ったクラウドファンディングの成功も祈った。

    ニュース設定