綿引勝彦さん死去 膵臓がん75歳「天までとどけ」

792

2021年01月13日 15:20  日刊スポーツ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日刊スポーツ

写真綿引勝彦さん(2015年1月14日)
綿引勝彦さん(2015年1月14日)

TBS系ドラマ「天までとどけ」シリーズなどに出演した俳優綿引勝彦さんが、膵臓(すいぞう)がんのため昨年12月30日に亡くなっていたことが13日、分かった。綿引さんの所属事務所が発表した。75歳だった。


葬儀は近親者のみで執り行い、喪主は妻で女優の樫山文枝が務めたという。


同事務所によると、綿引さんは18年8月に膵臓内の、のう胞を取り除く手術を行ったが、その際に進行性のがん細胞を発見。19年12月に肺への転移が認められ、昨年2月から本格的な化学療法を始めていたという。


副作用に耐えながらも寛解には至らず、同11月からは積極的な治療を中止。自宅で穏やかに療養を続けていたが、12月25日に体調が急変し、眠りについたまま息を引き取ったという。


綿引さんは1945年12月23日生まれ。日大芸術学部を中退後の65年、劇団民藝に入団した。85年に退団後は映画、ドラマに多数出演。映画は「極道の妻たち」「しゃぼん玉」、ドラマは「鬼平犯科帳」「ナニワ金融道」などに出演した。「天までとどけ」では、昨春に新型コロナウイルスによる肺炎で死去した岡江久美子さん(享年63)とも10年にわたって夫婦役で共演していた。

このニュースに関するつぶやき

  • 天までとどけ、リアルタイムで見ていたからなぁ��ご冥福をお祈りいたします。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 岡江久美子さんとの夫婦役が一番印象深いですね。どうぞやすらかに。驚きました。
    • イイネ!256
    • コメント 6件

つぶやき一覧へ(382件)

ニュース設定