赤ちゃんに人気アイドルと同じ名前を 20年下半期「NiziUネーム」が急増

462

2021年01月13日 15:23  ITmedia ビジネスオンライン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia ビジネスオンライン

写真12月はボタニカルネームが人気
12月はボタニカルネームが人気

 2020年に注目を集めたガールズグループの1つである「NiziU(ニジュー)」。赤ちゃんの名付けにも影響を与えているようだ。出産や育児の情報サイトを運営するベビーカレンダー(東京都渋谷区)は1月13日、20年下半期生まれの女の子4万5670人を対象にした名付けに関する調査結果を発表。NiziUのメンバーと同じ読みの名前「NiziUネーム」がデビュー時期に増加していたことが分かった。



【グラフで見る】「NiziUネーム」が爆増!



 NiziUのメンバーは、マコ、リク、リマ、リオ、マヤ、ミイヒ、マユカ、アヤカ、ニナの9人。ベビーカレンダーの調査によると、メンバーと同じ名前は、6〜10月は月に10人前後だったものの、デビュー直前の11月は96人。デビューした12月には100人に増加していた。9人全ての「NiziUネーム」がデビュー時期にむけて増加傾向にあったという。



 20年下半期生まれの女の子に最も多く名づけられたNiziUネームは「りお」で127人。同社が調査した年間の読みランキングでも11位となった人気のある名前で、NiziUネームのうち約半数を占めた。次いで「あやか」(24人)、「まこ」(23人)、「にな」(21人)などと続いた。NiziUネームは下半期合計で236人となった。



●植物を表す漢字を用いた「ボタニカルネーム」が人気



 ベビーカレンダーは同日、20年12月生まれベビーの名付けトレンドの調査結果も発表した。女の子で最も多かった名前は「楓(主な読み:かえで)」で、10月以降3カ月連続で1位となった。同社によると、紅葉が始まる秋ごろから冬にかけて毎年人気が高まる名前だという。



 このほか、4位に「柚葉(主な読み:ゆずは)」「陽葵(主な読み:ひまり)」、7位に「葵(主な読み:あおい)」「芽依(主な読み:めい)」、9位に「彩葉(主な読み:いろは)」、10位に「結菜(主な読み:ゆいな)」「莉子(りこ)」など、植物を表す漢字を用いた「ボタニカルネーム」が多くなった。



 男の子の名前では「蓮(主な読み:れん)」が最多。次いで「樹(主な読み:いつき)」「律(主な読み:りつ)」と続いた。「蓮」は18年以降3年連続で1位となっていて、近年最も人気のある名前だという。



 女の子の読みで最も多かったのは「えま」。次いで「つむぎ」「ふうか」という結果に。「ふうか」は「楓」という字を用いることが多く、秋冬生まれに人気の高い読みだという。男の子は「はると」、2位「ゆうと」、3位「りく」となった。「はると」は18年以降、3年連続で年間読みランキング1位を獲得。また、夏は40位以下だった「あきと」が、10月12位、11月6位と順位を上げ、12月は9位にランクインした。



 漢字は何が人気なのだろうか。女の子の名付けで最も人気だったのは「花」。次いで「愛」「乃」と続いた。毎年冬生まれの女の子の名付けで人気が上がる「柚」は、11月は30位だったが12月は12位と上昇した。ベビーカレンダーは、冬至にゆず湯をおこなう風習があることや「柚湯」が12月の季語であることから、12月に多く名付けられているようだと分析する。



 男の子に人気の漢字は1位「斗」、2位「翔」、3位「大」となった。「斗」「翔」は10月以降3カ月連続で同位をキープしている。毎年冬に増加する「柊」は11月の74位から大きく順位を上げ12月は20位となった。柊(ひいらぎ)は正月飾りや節分のほか、クリスマスのオーナメントに使われる樹木であることから、冬生まれの赤ちゃんの名前に人気が高まるという。



 名付けトレンド調査は20年12月1〜25日に、ベビーカレンダーが運営するサービスを利用した人を対象に実施。調査件数は1万1468件(女の子:5601件、男の子:5867件)であった。


このニュースに関するつぶやき

  • まあ「花音(かのん)」とか「愛絆(りずむ)」「星空(そなた)」よりはマシだと思うけどね。
    • イイネ!5
    • コメント 0件
  • いや…「りお」も「まこ」も「あやか」も前から日本にある名前やんけ…ニジュー関係なしに付けても「ニジューネーム」とか言われるの可哀想。そんな私はニジューのメンバーの名前一個も知らんぞ。
    • イイネ!524
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(323件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定