四千頭身・後藤拓実に声優・浅沼晋太郎…岩手ゆかりの著名人たちがふるさとの魅力を語る!『いわてダ・ヴィンチ2021』が発売

0

2021年01月15日 00:11  ダ・ヴィンチニュース

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ダ・ヴィンチニュース

写真『いわてダ・ヴィンチ2021 ウォーカームック』(KADOKAWA)
『いわてダ・ヴィンチ2021 ウォーカームック』(KADOKAWA)

『銀河鉄道の夜』の原作者・宮沢賢治の故郷であり、さまざまな文化の発信地として知られる岩手県。そんな岩手の魅力が一冊につまった『いわてダ・ヴィンチ2021』が、2021年1月15日(金)に発売される。

高いところが苦手。カゴにも上手く入れない…「黒猫ナノ」のちょっぴりドジな日常

 同誌は本とマンガの情報誌『ダ・ヴィンチ』の特別号。KADOKAWAが岩手県から受託した「令和2年度U・Iターン促進キャンペーン事業」の一環として企画されたもので、岩手県にゆかりのある著名人や、岩手で働く「郷土人」の情報がてんこ盛りだ。

 表紙を飾るのは、お笑いトリオ「四千頭身」のツッコミ担当としてブレイクした、岩手県大船渡市生まれの後藤拓実。また紙面にはプロ野球選手の佐々木朗希や人気声優・浅沼晋太郎、乃木坂46のメンバーとして活躍する佐藤璃果など、岩手出身の著名人たちへのインタビューが収録されている。

 その他、伊吹有喜による『雲を紡ぐ』の書き下ろしスピンオフ小説も収録。同作は昨年直木賞にノミネートされた話題作で、岩手を舞台とした郷土ゆかりの作品だ。岩手出身作家への特別インタビュー企画には、『おらおらでひとりいぐも』で知られる芥川賞作家・若竹千佐子や、『伝染るんです。』などの代表作をもつ漫画家・吉田戦車が登場。

 さらに女優・モデルの志田友美は銀座にある岩手県のアンテナショップ「いわて銀河プラザ」めぐりや、特産品を用いたクッキング企画に挑戦する。「岩手県公式動画チャンネル」、「いわて希望チャンネル」では、志田が出演する動画企画も公開される予定なので、こちらも見逃せない。

 もちろん紙面にはカルチャー情報だけでなく、最新の観光・グルメスポット情報などもたっぷり掲載されている。雑誌を通して、ますます魅力を増している岩手の“総合力”を体感できるはずだ。

 新型コロナウイルスの感染拡大によって、観光や遠出が難しい日々が続いている今日この頃。おうち時間が増える今だからこそ、ちょっとした旅行に出かけるような気持ちで同誌を読みふけってみてはいかがだろう?

    ニュース設定