有働由美子アナ、女友達の写真を見て「余りもの」呼ばわり! セクハラじみた発言なのに炎上しないワケ

1

2021年01月15日 15:42  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

羨望、嫉妬、嫌悪、共感、慈愛――私たちの心のどこかを刺激する人気芸能人たち。ライター・仁科友里が、そんな有名人の発言にくすぐられる“女心の深層”を暴きます。

<今回の有名人>
「全然覚えてなくて」有働由美子
『うどうのらじお』(ニッポン放送、1月8日)

 2018年に起きた連続ドラマ『ちょうどいいブスのススメ』(日本テレビ系)改題事件をご記憶だろうか。

 「ちょうどいいブス」を自称する相席スタート・山崎ケイの同名エッセイ(主婦の友社)をドラマ化すると日本テレビが発表したところ、「ちょうどいいブス」という言葉が、女性蔑視に当たるのではないかとSNSが炎上。ドラマが放送される前に『人生が楽しくなる幸せの法則』へと改題されるという珍事件に発展した。

 SNSの意見がドラマのタイトルを変えさせたということは、SNSの影響力が大きくなりつつあること、性差別やセクハラに対して嫌悪を感じる人が多くなってきたことの裏付けになるだろう。けれど、かといってSNSでの意見が世の中の多数派であるとは思えないし、性差別やセクハラに対しての意識が向上したかというと、いまだ追いついていない人のほうが多いのではないだろうか。

 例えば昨年12月25日、フリーアナウンサー・有働由美子が、パーソナリティーを務める『うどうのらじお』(ニッポン放送)でクリスマスの思い出話をしていた。有働アナが青春を過ごした90年代はバブル期で、学生でもカップルはアルバイトして得たお金で、フランス料理を食べ、ホテルに宿泊するというのが珍しくなかったそうだ。しかし、有働アナの家はお父上が厳しく、「外で男と飯を食いに行くくらいだったら、我が家で(クリスマスパーティーを)やれ」と言われていたそう。

 有働アナは「言っちゃ悪いけど、どんな女子大生もクリスマスはなんか予定が入っていた時代だったんですけど、そこから余った女子だけが我が家に来てクリスマスをやっていて、それが毎年写真に撮っておいてあるんですけど。余るなっていう。このメンバー余るなっていうのが今振り返って、私も含めてなんですけど思いますが」と話していた。

 有働アナの仕事は「面白い話」をすることなので、その話が必ずしも真実である必要はない。きっとNHK時代からのサバサバ&自虐キャラを生かして、このネタをご披露なさったのだと理解している。しかしこの話は自虐というより、セクハラ寄りのネタではないだろうか。

 クリスマスに予定がない女子を「余った女子」と決めつけているし(たまたま彼氏がいなかっただけで、余りもの扱いされる筋合いはない)、また、写真を見て「このメンバー余るな」と思ったということは、視覚的な問題、つまり外見に難があると言いたいのだろうか。

 自虐ネタの大原則は「自分の話」であることだと思う。有働アナが自分を「余った女子」と言うのは本人の主観なのでアリだが、他人サマを「余った女子」と呼ぶこと、またその「余った」理由を外見に起因させるのはいただけない。女性に対して「余っている」という表現を使うことは「女性は男性に選ばれるもの、選ばれない人は余りもの」という価値観を少なからず持っていることになる。

 2018年9月23日に出演した「ボクらの時代」(フジテレビ系)で、有働アナは「セクハラ問題は、うちら世代が許してきちゃったから」と発言していたが、「余った女子」「このメンバー余るな」発言に鑑みると、「彼氏がいなければ、女性は一人前ではない」「女性は見た目が大事」といわんばかりの有働アナの思考回路は、まさにセクハラするおじさんと一緒ではないだろうか。

 このようにセクハラ要素がいくつも含まれているように感じられた有働アナの小噺であるが、特に気にする人はいないようで、SNSでも話題にはならなかった。これは、性差別やセクハラへの意識が、実はそこまで向上していない証しともいえるだろう。

 しかし一方で、有働アナに限っていうと、別の見方もできる。「謙遜」という文化のある日本では、あの国民的人気女子アナが一段も二段もへりくだる話をしてくれているとして、細部をすっとばし、「飾らない人柄」「偉ぶらない、気さくで砕けている」と、全て好意的に解釈する人も多いのではないだろうか。

 そんな有働アナ、新年早々反省したことがあると同番組で告白していた。『NHK紅白歌合戦』を見ながらお酒を飲み、酔っぱらっていたところ、『news zero』(日本テレビ系)で共演している嵐・櫻井翔が出ていたこともあって、すっぴん寝間着で愛犬を抱いて自撮りをした写真をLINEで櫻井に送ってしまったとのこと。「全然覚えてなくて」と有働アナは言うが、櫻井から「ありがとうございました」とLINEが入ったことで思い出したという。「こんなものを嵐の方に送っちゃったと思って後悔した」そうである。

 この話はネットニュースにもなったが、辛口で名高いYahoo!コメントでも「有働アナ、人間味があって好き」とか「有働さんの面白いところが好き」とか、好意的なコメントが並んだ。しかし私は、この天然エピソードから、有働アナの“ぶりっ子っぽいところ”を、一方、国民的アイドルである櫻井とLINEしていると公言するところに、彼女の“ものすごく高いプライド”が垣間見えるような気がしてならない。

 また、有働アナの内面といえば、2018年に『マツコ&亨のビューティー言いたい放題』(テレビ東京系)で、有働アナの所属事務所の先輩に当たるマツコ・デラックスが、「こう見えてめっちゃ乙女」「なんでこの人が独身でいたんだろうって思うぐらい、誰かにしなだれかかっていないとダメなタイプ」と、有働アナは男性に対して甘えん坊な一面があることを明かしていた。

 実はサバサバ&自虐キャラではないように見える有働アナ。これでは、一気に好感度を失いかねないが、彼女が今もなお高い人気をキープしているのはなぜか。

 おそらく、視聴者の思う有働アナと、マツコの思う有働アナ……どちらが正しいかはどうでもよい。大事なことは「そのキャラの先駆者、第一人者」ではないだろうか。ほかの女子アナが同じことをしたら問題になるのかもしれないが、有働アナの場合、キャラが立っているので、何をしても「あの人はそういう人だから」と受け止められ、ましてやセクハラだなんて言われない。「いつも通りの面白い自虐」として、私以外の人からは拍手喝采を得るのだろう。

 そう考えると、炎上とはキャラのブレからくるものなのかもしれない。思えば、山崎ケイの「ちょうどいいブス」キャラは、全女性を敵に回しても男性に好かれたいのか、それとも、同性にエールを送っているのか、いまいち中途半端な部分があった。何を言うより、誰が言うか。有働アナが築いた自虐キャラは、これからもずっと安泰のようだ。

このニュースに関するつぶやき

  • そもそもセクハラって「何をしたか」が問題じゃなくって「誰がしたか」が問題なんだからその原点に立ち返っただけじゃんかさ。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定