2021年冬アニメ原作本ランキング発表! 『約束のネバーランド』を抑えた1位は?

32

2021年01月16日 22:40  クランクイン!トレンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!トレンド

写真「2021年冬アニメ原作本ランキング」気になる結果は?
「2021年冬アニメ原作本ランキング」気になる結果は?
 2021年冬にアニメ放送される原作本のランキングが、1月6日(水)に、ハイブリッド型総合書店「honto」から発表された。堂々の1位を飾ったのは、2020年秋に初アニメ化された作品だった。

【画像】1位〜10位までのランキングまとめ

■女性支持が『呪術』人気を後押し!

 本ランキングは、2021年1月頃から放送予定アニメの原作コミックス・ライトノベル作品の各単行本既刊の購買冊数を集計したもの。「honto」サービス実施店の丸善、ジュンク堂書店、文教堂などと「honto」サイトで購入された書籍や電子書籍の販売データをもとにしている。

 堂々の1位を飾ったのは、2020年秋に初アニメ化され、1月15日(金)から第2クールの放送がスタートした『呪術廻戦(9)』(集英社)。「Honto」広報によると購買比(当書店)は、女性が男性を上回っているそうで、男性のみならず女性の支持が人気を更に押し上げたようだ。

 次いで、第2位に選ばれたのは『約束のネバーランド(17)』(集英社)。同広報は、ほか作品に比べ 40代、50代の支持率が高いとコメントしており、大人も楽しめる作品となっている。

 また、3位には、セカンドシーズンが放送される『ワールドトリガー(22)』(集英社)、4位には『転生したらスライムだった件(14)』(講談社)、5位には『五等分の花嫁(13)』(講談社)がランクインした。

【「2021年冬アニメ原作本ランキング」概要】
ハイブリッド型総合書店「honto」調べ
集計期間:2020年1月1日〜2020年12月15 日
集計対象:「honto」で2021年1月頃から放送予定アニメの原作コミックス・ライトノベル作品の各単行本既刊の購買冊数

このニュースに関するつぶやき

  • サンテレビでの「機動戦士ガンダムΖΖ」再放送を見たら、「ワールドトリガー」2期の時間まで起きてられないだろう。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • やっぱ呪術廻戦か。今一番人気があって今一番売れてる本やもんなぁ。納得。 https://mixi.at/a1S8NzW
    • イイネ!15
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(18件)

オススメゲーム

ニュース設定