週間天気 前半は猛ふぶき・大雪の日も 寒さ対策も万全に 後半は気温上昇

2

2021年01月17日 06:41  日本気象協会

  • 限定公開( 2 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真週間天気 前半は猛ふぶき・大雪の日も 寒さ対策も万全に 後半は気温上昇
週間天気 前半は猛ふぶき・大雪の日も 寒さ対策も万全に 後半は気温上昇

この先1週間は、前半と後半で、天気や気温の傾向が、ガラッと変わりそうです。前半は寒気が南下する日もあり、日本海側では猛ふぶきや大雪のおそれがあります。20日水曜は、二十四節気の「大寒」で、北日本や東日本を中心に、寒さが厳しいでしょう。ただ、週の後半は寒気が北上しそうです。



●前半は 寒気が南下する日も


この先1週間、天気や気温を、大きく左右するのは「寒気」です。前半は、時折、寒気が南下するでしょう。
18日月曜は、低気圧や前線が本州付近を通過するため、日本海側を中心に雪や雨が降りそうです。前線が通過した後は、寒気が入るので、北陸から北では、夜は雪の降り方が強まり、大雪になる所もあるでしょう。また、北陸を中心に、大気の状態が不安定で、局地的に雷が鳴りそうです。落雷や突風などにも、注意が必要です。
一方、晴れる太平洋側も、所々で雨や雪が降るでしょう。東京は晴れマークですが、関東でも、午前中は千葉県や茨城県のあちらこちらで、雨や雪が降りそうです。
19日火曜は、寒気が更に南下するため、北海道や本州の日本海側は広く雪で、大雪になる所もあるでしょう。風も強まるため、猛ふぶきで見通しが悪くなるおそれもあります。最新の気象情報に、十分ご注意ください。


●後半は 寒気が北上する予想


20日水曜は、日本海側の雪は弱まりますが、この日も寒さは続きます。二十四節気の「大寒」で、暦の上では、一年で最も寒い頃を迎えるだけあって、北日本や東日本を中心に、昼間も寒いでしょう。
ただ、今回の寒さは、いったん「大寒」までになりそうです。
週の後半は、寒気が北上するでしょう。そのため、全国的に暖かくなる予想です。気象庁では、関東甲信や北陸〜沖縄では、21日頃から「かなりの高温」と予想しており、「高温に関する早期天候情報」も発表しています。
さらに、長期予報を見ますと、その先も全国的に高温傾向ですが、一時的に寒くなる日もあり、気温の変動が大きくなりそうです。tenki.jpの2週間天気で、最新の天気や気温を、こまめにチェックしてください。


    ニュース設定