世帯年収400万円、子持ちでも余裕ありな人々「行政補助やサポートを積極活用」「外食や旅行はほとんどしません」

1

2021年01月17日 08:30  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

年収400万円台の子持ち世帯は、どのような暮らしぶりなのだろうか。都内に住む40代女性は、3人の子どもを抱えるシングルマザー。キャリコネニュースに「行政補助やサポートを積極的に活用しており、生活に不満はありません。貯金もできています」という声を寄せている。一方、愛知県の30代既婚女性からは、

「子ども5人の多子世帯です。小さい子がいるので、私はまだ働けません。何かと母子家庭を対象とした支援が目立ち、多子世帯には目が向けられていないように感じます。本当に苦しいです」

と切実な声も上がった。引き続き、年収400万円台の子持ち世帯の声を見ていこう。(文:鹿賀大資)

「必要もないのに収入を増やすと税額が上がるので、あえて抑えています」

神奈川県の30代男性は、IT・通信系の個人事業主をしている。夫婦と子ども2人の4人家族で、普段から節約を心がけており「外食や旅行はほとんどしません。買い物もオンラインで済ませています」と生活感について語る。

「外でのショッピングは、必要であれば出かけるという感じです。車も所有していません。普段は原付・自転車・公共交通機関を使い分け、必要に応じてタクシーを利用します。我慢をしているわけではなく、不要な物を買ったり、贅沢をしたりといったことにあまり興味がないだけです」

また郊外に中古の戸建てを購入し、住宅ローンの負担が抑えられていることから「毎月それなりの額を投資に回せています」と明かす。仕事については

「新型コロナウイルスが流行してから、『リモートワーク+晴耕雨読』といったライフスタイル。仕事の拘束時間も短いので、生活の満足度は非常に高いです。IT系の職種で稼ごうと思えばもっと稼げるのですが、必要もないのに収入を増やすと税額が上がるので、あえて抑えています」

と述べていた。

「贅沢をしなければ、年収は少なくても穏やかな生活です」

新潟県の30代女性も、夫婦と子ども2人の家族4人で暮らしている。夫婦共働きで「夫は年収300万円ちょっと、私は扶養内パートで年収約100万円です」と明かす。

「地方在住なので、夫の給料は特別低くはないと思います。両親の援助もあり、あと3年で住宅ローンが終わります。今後の大きな出費は、車の買い替えと教育費になってくるでしょう。今は月8万円のローンの支払いもあるため、貯蓄は思うようにできていません」

そう語る女性だが、下の子が入園する来春から勤務時間をのばすため「世帯年収は増える見込みです」と付け加える。また、

「場合によっては、上の子を私立中学校に行かせることも考えています!夫婦共に景気に左右されない職業なので、贅沢をしなければ年収は少なくても穏やかな生活です」

とも綴っている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400〜600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

このニュースに関するつぶやき

  • 年収がゼロになってどーしようと思った時もあったが、色んな負担もゼロになって凄く楽だった。1千万円を午前中に稼いでた時代が懐かしい。
    • イイネ!2
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定