世帯年収900万円の30代女性「夫はアルバイト。産前休暇を2週間未満に抑え、生後6か月で職場復帰を考えています」

2

2021年01月17日 08:30  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

年収800〜1000万円の夫婦共働き世帯が抱える問題はさまざまあるようだ。北海道の40代女性は、夫婦共にフルタイム勤務で世帯年収800万円。2人の幼児がいるうえに「お腹にも赤ちゃんがいます」というワーキングマザーだ。普段の生活状況について「土日は外食などで家事を手抜きしています」と明かしつつ、

「これから児童手当もどうなることやら、不安が大きいです。それも含め子どもたちの成長も考えると、節約なしでは今後やっていけそうにありません。今ですら、贅沢品などは一切買っていないというのに」

という声を寄せている。金融業界で働く神奈川県の30代女性も「現在妊娠中です」と打ち明ける1人だ。(文:鹿賀大資)

第2子を希望しているものの「次の妊娠は昇進に影響してしまう」


夫婦の世帯年収は900万円。女性は都内の企業で正社員として働いているが、夫はアルバイト勤務だ。現在は女性の職場から片道1時間超に及ぶ場所に、夫婦のみで暮らしている。女性は第1子を妊娠したことで「世帯年収が、かなり減ってしまいそうです」と不安を感じているようだ。

「産前休暇を2週間未満に抑え、子どもが6か月になったら職場復帰を考えています。その間に減給されるボーナスや諸手当、残業代やらを合算すると、手取りでマイナス150万円の計算になります。また都心から離れた神奈川に住んでいても、居住費や生活費、教育費など何もかもが高いです」

こうした事情もあり、本来は2年後に第2子を希望しているものの「迷っています」という。また「次の妊娠は昇進に影響してしまう」ということも、子作りを悩む理由になっているとのことだ。

「料理に時間をかけられなくなり、手抜きが増えてしまっています」

「専業主婦から会社員に転身。世帯年収が1000万円になりました」と語るのは、岐阜県の20代女性。現在は夫婦のみで暮らしており、年収が増えたことで生活スタイルも変わったそうだ。

「旅行にお金をかけられるようになりました。外食の回数も週1〜2日と増えたものの、貯金もしたいのでチェーン店かつ1人1000円前後まで。以前は安い食材をチラシでチェックしてはスーパーをはしごしていましたが、今は1つの店で済ませています。くつろぐ時間を確保するため、多少の出費には目を向けなくなりましたね」

とはいえ、勤め出したことで「精神的にも体力的にも余裕がなくなりました」と本音も明かしている。なかなか兼業主婦のスタイルには慣れないようで、「料理に時間をかけられなくなり、手抜きが増えてしまっています」とこぼす。

「時間に追われる日々です。だからコインランドリーやコインパーキングを多用するなど『時間をつくるためならば』とお金を使ってしまうようになりました。貯金は人よりできているかもしれませんが、それは必死に働いているから。将来さらに収入が増えて何らかの控除が対象外になったら、それはそれで損をしている気分になるでしょう」

女性は「世帯年収1000万円じゃ、まだ余裕はありません」とコメントしている。

ほかには、

「子ども2人の4人家族。この間、妻が『疲れたので仕事を辞めて専業主婦になりたい』と言い出した。私はそれに反対しなかったが、私の方からも『専業主夫になりたい』と言うと、妻は黙ってしまった」(40代男性/東京都/世帯年収950万円)

という声も寄せられている。

※キャリコネニュースでは引き続き「あなたの世帯年収への不満を教えてください」や「お酒の失敗エピソード」などのアンケートを実施しています。

-----

【あわせて読みたい】
世帯年収400〜600万円の実情「昼食はカップ麺。毎月カツカツ」
年収350万円のアラフォー女性「職場で若手とユニクロ服が丸かぶり。『その年で安物しか着れない』とショックを受けてた」

このニュースに関するつぶやき

  • 妊娠によるキャリア消失って”能力と関係ない部分”は議論すべきだな…。ただ”経年昇進してるだけ社員”は、妊娠を機に追い出されるだろうな…。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • なんだろ・・。勝手に悩んでろって思うレベルの話。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定