山田参助がイラストとマンガ執筆、大正から昭和初期の新語・流行語紹介する1冊

1

2021年01月17日 16:40  コミックナタリー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

コミックナタリー

写真「戦前尖端語辞典」(帯付き)
「戦前尖端語辞典」(帯付き)
1月31日に発売される平山亜佐子編著の書籍「戦前尖端語辞典」に、山田参助のイラストとマンガが収録される。

【大きな画像をもっと見る】

「戦前尖端語辞典」は大正から昭和初期にかけての新語・流行語を生活、学生、外来語、思想、女学生、文化、医療、社会、隠語の9つのジャンルに分けて解説した1冊。「ナオミズム」「もちコース」「スタンバイ」「イージー・マーク」など当時の新語・流行語285語が掲載されている。言語学者の金田一秀穂は同書に「どんなおじいちゃんやおばあちゃんにも、ヤンキーやギャルだった時代がある。彼ら彼女たち、かつての群衆は、驚くほど前衛的。ここに豊かな発想の源泉がある。忘れてはなるまいぞ」とコメントを寄せた。

このニュースに関するつぶやき

  • 金田一秀穂は同書に「どんなおじいちゃんやおばあちゃんにも、ヤンキーやギャルだった時代がある。彼ら彼女たち、かつての群衆は、驚くほど前衛的。ここに豊かな発想の源泉がある。忘れてはなるまいぞ」とコメント
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

オススメゲーム

ニュース設定