京扇子の老舗「宮脇賣扇庵」がファッションブランド立ち上げ、アンリアレイジ森永邦彦とのコラボ商品発売

0

2021年01月17日 17:02  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    BANANA to YELLOW                    Image by: 宮脇賣扇庵
BANANA to YELLOW Image by: 宮脇賣扇庵
 1823年創業の京扇子の老舗「宮脇賣扇庵」から、ファッションブランド「バナナとイエロう(BANANA to YELLOW)」がデビューした。宮脇賣扇庵 京都本店の隣に直営店をオープンしたほか、公式ECサイトでアイテムを取り扱っている。

 バナナとイエロうは「季節やシーンを問わず、扇子を自由に楽しむ」をコンセプトに、現代のライフスタイルに合わせた新しい扇子のありかたを提案。デザイン会社グラフ(GRAPH)の協力のもと設立し、扇子文化の継承と市場拡大を目指すという。メインターゲットは30代後半から40代で、扇子を中心としたオリジナル商品を開発する。
 アイテムは、男女問わず使えるデザインの扇子(1万1000円)を全24種類用意。扇面の色や柄は職人の手作業で施されており、画家の大竹伸郎、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」の森永邦彦、バンド「GEZAN」のマヒトゥ・ザ・ピーポーとのコラボレーションデザインなどが揃う。このほか、扇面の絵柄を施した扇子専用ポケット付きTシャツ(5500〜6380円)やトートバッグ(7150円)、ショルダーバッグ(5500円)、宮脇賣扇庵の扇子の芳香をアレンジしたオードトワレ(9900円)、ステッカー(550円)、キーホルダー(990円/いずれも税込)をラインナップしている。
関連記事 サカナクションがアンリアレイジとコラボ、抗ウイルス加工を施したTシャツやマスク発売

■バナナとイエロう住所:京都市中京区六角通富小路東入ル大黒町80番地3電話番号:075-213-0877営業時間:11:00〜18:00※水曜定休日公式サイト
    ニュース設定