阪神・淡路大震災から26年 オリックス・湊通夫球団社長ら約60人が黙とう

1

2021年01月17日 17:34  ベースボールキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ベースボールキング

写真神戸市に向け黙とうするオリックスの湊球団社長(中央左)、福良GMら[代表撮影]
神戸市に向け黙とうするオリックスの湊球団社長(中央左)、福良GMら[代表撮影]
◆ 語り継がれる「がんばろうKOBE」

 約6400人が犠牲となった阪神大震災から17日で26年。震災発生時、神戸市に本拠地を置いていたオリックスは正午から、大阪市内のオセアンバファローズスタジアム舞洲で、湊通夫球団社長や福良淳一ゼネラルマネジャー(GM)ら約60人が1分間の黙とうを行った。新人合同自主トレに参加している選手を含めた関係者が、マスクをつけ互いに距離を取って本塁から三塁にかけて整列。神戸市方面に向けて、犠牲者の冥福を祈った。

 1995年、1月17日午前5時46分に発生した地震は、当時のオリックス・ブルーウェーブが本拠地としていた神戸市などに壊滅的な打撃を与えた。キャンプインを前に選手らも被災したが、チームは「がんばろう神戸」を合言葉に復旧・復興をはかる神戸のシンボル的存在として、ユニホームの右袖に「がんばろうKOBE」のワッペンをつけて戦い、その年にリーグ優勝を果たした。

 愛媛・宇和島東高からドラフト1位で入団。当時2年目で15勝5敗27セーブ、防御率2.32で優勝に貢献し、「最高勝率」「最優秀救援投手」「新人王」に輝いた平井正史育成コーチは同市内の合宿所で被災。「経験をしたことのない揺れと、その後の復興への過程は忘れることが出来ない」と振り返る。

 シーズン当初は「自分のことで精いっぱいで、正直にいってお客さんのことまで頭になかったが、勝ち進んでいくにつれ神戸が盛り上がり勇気をもらった。(優勝で)喜んでもらえ、野球をやっていてよかった」と、ファンとの一体感が優勝につながったことを強調した。「一人では何ともできないことがある。周りをしっかり見て助け合っていくことが大切」と今回のコロナ禍と震災を重ね合わせていた。

 新人12選手のうち、震災前に生まれているのは1992年生まれのドラフト6位・阿部翔太投手(日本生命)と1994年生まれの育成6位・古長拓内野手(福島レッドホープス)の2人だけ。大阪市出身で当時2歳だった阿部は「テレビの映像でしか被害は知らない。オリックスはがんばろうKOBEを合言葉に優勝したが、誰かのためにとか、勇気を与えるために戦うと、強いなと思った。技術も向上するし、そういう思いは大切」と、先輩たちの活躍に思いをはせていた。

 また、神戸市出身で2002年生まれのドラフト3位・来田涼斗外野手(明石商)は「母が(被害の大きかった神戸市)長田区の生まれで、悲惨な状況だったが、いろんな人の支えがあり、神戸の街が復興したと聞かされて育った。この世の中は(人々が)協力しあって成り立っている。僕も人を助けられる人間に成長したい。どんどん練習して、感動を与えることが出来る選手になりたい」と、プロ野球選手としての決意を新たにしていた。

 なお、中嶋聡監督はコロナ禍での移動リスクを考慮し、東京都内の自宅で犠牲者を追悼した。


文=北野正樹(きたの・まさき)

このニュースに関するつぶやき

  • 岡田は神戸で打ち込みしてたみたいやから神戸でちゃんと黙祷したんかな。 https://mixi.at/a1TLWuI
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングスポーツ

前日のランキングへ

ニュース設定