FANTASTICS、初の冠番組でシットコムに挑戦 ドラマ連動の舞台化も決定

6

2021年01月17日 19:30  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真FANTASTICS from EXILE TRIBE初の冠番組『FUN!FUN!FANTASTICS』が2月2日スタート(C)日本テレビ
FANTASTICS from EXILE TRIBE初の冠番組『FUN!FUN!FANTASTICS』が2月2日スタート(C)日本テレビ
 ダンス&ボーカルグループ・FANTASTICS from EXILE TRIBE初の冠番組『FUN!FUN!FANTASTICS』が2月2日から日本テレビ(毎週火曜深夜、全6話 ※関東ローカル)でスタートすることが決定した。

【ソロ写真】佐藤大樹らメンバーそれぞれのファッションにも注目

 メンバー8人は本人役でシットコム(シチュエーション・コメディー)に挑戦。1980〜90年代に活躍したレジェンドゲストから当時のさまざまなカルチャーを直接指導してもらう。

 さらに、初主演ドラマ『マネキン・ナイト・フィーバー』(昨年10〜11月放送)で好評だった80〜90年代の懐かしの名曲カバーも毎回熱唱。振り付けは当時のオリジナルを取り入れながら、メンバー自ら考えたもの。当時のファッションをイメージし、それぞれテーマを変えた個性的な衣装にも注目だ。

 番組ナビゲーターはマイケル富岡。レジェンドゲストとして各話に登場するのは、鶴久政治(チェッカーズ)、木根尚登(TMネットワーク)、LL BROTHERS、ブラザー・コーン、Mr.マリック、大鶴義丹。「このお金で徳川埋蔵金の場所を教えて」「次の仕事に間に合わせるため街の信号が全て青になった」といった、信じられないような豪快なエピソードが毎回と飛び出す。なめ猫やバンドブームなど当時のエンタメカルチャーも紹介する。

 番組と連動したライブステージ『BACK TO THE MEMORIES』上演も決定。番組放送終了直後の4月から東京と大阪で公演を行う。80〜90年代のヒット曲を歌い、それが芝居にもつながっていく全く新しい「エンタメライブステージ」。主演も番組内で発表される。

 リーダーの佐藤大樹は「80年代、90年代世代の視聴者の方には懐かしさ感じてもらえると思いますし、当時のことをよく知らない若い世代の視聴者の方には、僕らと同じ目線で一緒に学んでいけると思います! ぜひ、当時の雰囲気や懐かしさを感じるセットや衣装、名曲のカバー、そして僕らのアドリブにも注目して見てください!」と呼びかけている。

 主題歌は、FANTASTICSの新曲「Play Back」に決定。初回と第2話は深夜1時9分〜1時39分、第3話以降は深夜0時59分〜1時29分。地上波放送後、Huluで見逃し配信も行われる。

■『BACK TO THE MEMORIES』概要
「新しいエンタメを作る!!」
FANTASTICS from EXILE TRIBE のリーダー世界、佐藤大樹から突然言い渡された6人。
それは歌とお芝居が融合した全く新しい「ライブステージ」。
80〜90年代のヒット曲を沢山歌い、それがお芝居にもつながっていく…。
通常のFANTASTICSのライブでは見られない完全オリジナルな「エンタメライブステージ」。
主役は?誰がどんなパフォーマンスをするのか?
彼らの冠番組「FUN!FUN!FANTASTICS」内で徐々に明らかになっていく!

■『FUN!FUN!FANTASTICS』第1話あらすじ
とある喫茶店に集められ、80〜90年代の魅力が詰まったライブステージを上演することになったFANTASTICSのメンバー。そこで!当時を知らない彼らを助けるため、80〜90年代のレジェンドが毎回登場し直接指導する。

第1話のゲストは元チェッカーズ・鶴久政治。ファンが実家に押しかけ記念品が次々消えてしまった理由やチェッカーズのために町中の信号機を青にせざるを得なかった背景など、当時ならではの仰天エピソードが満載!

このニュースに関するつぶやき

  • おめでとう( ^-^)ノ∠※。.:*:・'°☆ 楽しみ(*´∀`)ノ
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 何でか知らないけど、急に「FANATIC◇CRISIS」を思い出した
    • イイネ!6
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定