生理用ナプキンって、どう選べばいいの? 今さら聞けない“あれこれ”を大調査

8

2021年01月17日 23:10  クランクイン!トレンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!トレンド

写真生理って難しいことだらけ…  イラスト=角佑宇子
生理って難しいことだらけ…  イラスト=角佑宇子
 女性が生きる上で欠かせない生理。最近は、新たな生理用品やアプリなど、女性の体や健康の課題をテクノロジーで解決する“フェムテック”も注目を集めています。しかし、毎月経験しているとはいえ、生理について、意外とわからないことも多いのではないでしょうか。今回は、生理用ナプキンブランド「エリス」を担当する、大王製紙のフェミニンケア・ブランドマーケティング部の方に協力いただき、“生理のあれこれ”について聞いてきました。

【写真】同じブランドでもこんなに違う!ナプキンの形

■ナプキンの選び方って?

 ドラッグストアなどで、ずらりと並ぶ生理用ナプキン。コスメや服のように試着できない上に、中身も開けられないので、「安かったから」や「家族が使っているから」と“なんとなく”の理由で選んでいる人も少なからずいると思います。

 異なるブランドのナプキンを並べて比べる機会は少ないですが、その違いは同じ「エリス」の中でも一目瞭然。「コンパクトガード」と「素肌のきもち」の違いを、猪野貴恵さんと本彩さんはこう語ります。

■活動量が多い人には

 猪野さん曰く、「コンパクトガード」は、日中の外出や活動量が多い人にオススメなナプキンとのこと。“ベーシックナプキン”と呼ばれる真っ白で厚みのある普通のナプキンに比べて、「コンパクトガード」は薄いのが一番の特長だと言います。

 「ベーシックな厚さのものは、装着したときにガサガサ感やゴワつきなど不快感を覚えやすいのが弱点。また、持ち運びのときにかさばる懸念点があります。一方で、『コンパクトガード』は、薄いため、違和感が少なく装着することができます。さらに、高吸収ポリマーが多く入っていることで、吸収量もベーシックナプキンより多くなっています」

■「素肌のきもち」はどう違う?

 それに対し「素肌のきもち」は、広げてみると前後左右が一回り小さな印象です。というのもターゲットが敏感肌な人のため、肌に触れる面積をなるべく小さくしています。本さんは、「素肌のきもち」を、年齢を重ねるに連れて、肌が弱くなった人や、生理期間に肌がデリケートになる人に向いているといいます。

 「ベースとして吸収機能がありながら、さらに肌に優しいのが『素肌のきもち』です。前後のこすれを軽減するために波形になっていて、ズレないように羽根が長くなっています。また、横幅もショーツと同じくらいまで狭めており、足を動かすことによるヨレを生じにくくします」。

■デザイン面にもバリエーションを

 女性の体を考えてつくられたナプキンたち。しかし、近頃、SNSを中心に、生理用品のデザインが「派手すぎる」という意見も増えてきました。そんなニーズに応えるべく、「素肌のきもち」にはブラウンを基調としたシンプルデザインが誕生しています。

 ネット通販先行販売商品ですが、だからこそ、必要な情報を削ぎ落とした洗練されたデザインが叶ったと本さんは語ります。「ネットではページ内に商品説明を書けるので、パッケージからは、なるべく生理用品らしい情報を排除しました。また色味にもこだわり、パッケージを開けた個包装部分もブラウンで揃えています」。

 さらに、デザイン面だけでなく、パッケージの機能面にも工夫が。従来なら天面がパカっと広がる開け口が一般的ですが、シンプルデザインは上の部分を点線でぐるっと一周切り取るようになっています。「こうすることで、ボックス代わりになり、そのまま置いて使えるようにしました」と本さん。また、茶色の個包装だと中のナプキンが透けにくく、使用済みのものを包んだときに経血が見えにくいというエチケット面でのメリットがあるそうです。

■開発者の思い

 でも、ナプキンの歴史の中で、シンプルなデザインが生まれてこなかったのは、少し不思議。その理由には、憂鬱な生理期間でも女性を応援したいという開発者たちの思いがありました。

 本さんは「生理期間はどうしても気分が憂鬱になります。その気分を少しでも和らげるために、明るめのパステル系や、肌に優しいイメージの白や緑色が好まれる傾向にあったのだと思います」と今までを振り返ります。

 一昔前は、“生理”という言葉すらタブー視されていましたが、今や、雑誌やテレビで生理特集が組まれたり、SNSを通してユーザーが生理用品の意見を述べたりと、“生理”というトピックはオープンに変わりつつあります。

 そんなリアルな声をキャッチできる環境が生まれたからこそ、シンプルデザインというバリエーションが生まれたそう。「ナプキンを選ぶ楽しみを感じていただき、買う時の恥ずかしさを軽減することが、商品開発における、わたしたちの大きな目標です」と本さんは語ります。

 また、ナプキンの開発にも携わっていた巣山潤之介さんは、ユーザーが気づきにくい小さな進化についても教えてくれました。「漏れにくさ・ズレにくさを基本機能とし、そこから差別化するために、デザインなどの様々なニーズに応えながら、新たな開発を行います。そんな中で、少数ですが、ナプキンを開ける音が恥ずかしいという意見もありました。小さな声でも悩みを解消すべく、開けるときの音の大きさまで試行錯誤を行っています」。

■今さら聞けない“ナプキンの付け方”

 生理期間の過ごし方は人それぞれ。たくさん動く人もいれば、デスクワークなどで座りっぱなしなど、それぞれの向き合い方は千差万別です。それでも誰もが避けたいのが、経血の“漏れ”。猪野さんと本さんに、“ナプキンの付け方”のアドバイスを伺いました。

 誰もが通る“多い日”。猪野さんは、「『コンパクトガード』も『素肌のきもち』も薄い設計になっているため、夜用ナプキンを昼間の活動中に使用しても違和感が少ないかと思います」と、夜用ナプキンを日中に使う手もあると語ります。

 また、本さんは「ショーツを履く段階で、ナプキンが折れていると漏れやすくなります」とアドバイス。ショーツを履く前に、ナプキンがしっかり付いているかを確認すると、漏れる心配が軽減できるかもしれないそうです。

 女性には毎月訪れる生理。どうしても“憂鬱なもの”と邪険に扱ってしまいますが、少し丁寧にナプキンを装着してみたり、自分の肌や生活タイプにあわせてナプキンの種類をこだわってみたりと、真剣に向き合うと、これまでの考え方から変わってくるかもしれません。生理期間でも沈みすぎてしまわないように、まずはひとつずつ知ることから始めてみましょう。

【「エリス 素肌のきもち シンプルデザイン(23cm)」概要】
2020年10月より全国の「アットコスメストア(@cosme STORE)」で店舗販売
店頭販売場所:@cosme TOKYO、神戸マルイ店、TSUTAYA MARK IS 福岡ももち店など ※店舗での在庫状況や販売スケジュールは各店舗へ要確認

このニュースに関するつぶやき

  • 確かにあのいかにもなパッケージ、何歳になってもレジに持って行くの抵抗ないと言ったらウソになる。でかいロゴ、派手な色使い、裏にどどーんとでっかく絵と説明。
    • イイネ!2
    • コメント 0件
  • 確かにあのいかにもなパッケージ、何歳になってもレジに持って行くの抵抗ないと言ったらウソになる。でかいロゴ、派手な色使い、裏にどどーんとでっかく絵と説明。
    • イイネ!2
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定