『天国と地獄』綾瀬はるか、高橋一生に“壁ドン”「小ざかしいんだよ!」 ド迫力演技に反響

33

2021年01月18日 01:51  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『天国と地獄 〜サイコな2人〜』第1話より (C)TBS
『天国と地獄 〜サイコな2人〜』第1話より (C)TBS
 女優の綾瀬はるか主演、俳優の高橋一生が共演するドラマ『天国と地獄 〜サイコな2人〜』(TBS系/毎週日曜21時)第1話が17日に放送され、綾瀬演じる望月彩子(中身は日高陽斗)が、高橋ふんする日高陽斗(中身は望月彩子)に“壁ドン”をさく裂させるシーンに反響が寄せられた。

【写真】綾瀬はるかの壁ドンに、涙目の高橋一生 大反響の『天国と地獄』第1話

 『天国と地獄 〜サイコな2人〜』は、警視庁捜査一課のドン詰まりな女性刑事・望月彩子(綾瀬)と、サイコパスな殺人鬼・日高陽斗(高橋一生)の魂が入れ替わり、人生が逆転した2人の愛と運命が交錯するさまを描く“入れ替わりエンターテインメント”。脚本は森下佳子によるオリジナルストーリー。綾瀬、高橋のほか、柄本佑、北村一輝、溝端淳平、中村ゆり、岸井ゆきのらが共演する。

 望月彩子は、努力家で正義感が強く、上昇志向も強いが慌てん坊な刑事。ある日、遺体の口内にパチンコ玉が詰められるという猟奇殺人が起き、その容疑者に創薬ベンチャー企業「コ・アース」代表取締役社長の日高陽斗が挙がる。彩子は日高が犯人だと確信するが、日高に詰め寄ったところ、日高が彩子の手を振りほどいた拍子に、2人とも階段から落下。2人の体はなんと“入れ替わって”しまう。

 刑事と殺人鬼が入れ替わってしまうという究極の状況となった2人。彩子は一転して殺人鬼に、日高は刑事という立場に入れ替わる。「私はあなたを見過ごしていいもんなんですかね? どうするんですか? こういう場合」と余裕を見せる彩子<日高>(以下、<>内は入れ替わった後の中身の人物名)に「あなたがやったってことよね? あなただって殺人犯になりたくないんじゃない? 私が捕まったら、あんたが捕まったことになる。そうなったら終わり。あんたの会社の地位も名誉も…」と言う日高<彩子>に対して、彩子<日高>は突然、“壁ドン”。「小ざかしいだよ! いちいち!」と鬼の形相ですごんで見せる。日高<彩子>は一気に恐怖の表情となるのだった。

 圧倒的な迫力の“壁ドン”演技に放送後、視聴者からはツイッターなどで反響のコメントが多数寄せられ、「綾瀬はるかに壁ドンされて涙目乙女になる高橋一生...w 入れ替わり後のお2人の演技がすごい!」「かっこいい綾瀬はるかに仔犬のような高橋一生ありがとうございます!!!」「いやまじ綾瀬はるかの悪魔演技具合最高では?」など大反響となった。

このニュースに関するつぶやき

  • 圧倒的な壁ドンって言うから、壁が爆発してぶっ飛ぶくらいの壁ドンをイメージしてもうた なんかすいません
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 綾瀬はるかが出てる時点で見る気しないなぁ。 https://mixi.at/a1U5adn
    • イイネ!18
    • コメント 10件

つぶやき一覧へ(18件)

ニュース設定