山田孝之、主演ミュージカル開幕に気合十分 「嫌なことは忘れて、とにかく笑って」

0

2021年01月18日 07:51  エンタメOVO

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

エンタメOVO

写真アーサー王役の山田孝之
アーサー王役の山田孝之

 ミュージカル「モンティ・パイソンのSPAMALOT」の開幕直前取材が17日、東京都内で行われ、出演者の山田孝之、賀来賢人、小関裕太、三浦宏規、新妻聖子ほかが登壇した。

【写真】「モンティ・パイソンのSPAMALOT」より 時事ネタとアドリブが満載のゲネプロの様子

 本作は、イギリスの人気コメディーグループ“モンティ・パイソン”の大ヒット映画『モンティ・パイソン・アンド・ホーリー・グレイル』を基に作られたミュージカル作品。

 主役のアーサー王を演じる山田は、見どころを聞かれると、「賀来賢人のお芝居です」と一言。それを苦笑いしながら聞いていた賀来は「僕たちがくだらないことをやり、明るい歌とダンスを届け、楽しかったと思ってもらって、でも、2時間後ぐらいには『何の話だったんだろう』って思う、とてもすてきなミュージカルになっていると思います」とアピールした。

 ロビン卿役の小関は「この作品が、今年初めて(の観劇)となる方もいると思うので、笑いで始まるいい作品になるんじゃないかと思います。大爆笑を取れるように頑張ります」と意気込みを語った。

 また、ヒロイン役の新妻は「これぞブロードウェーミュージカルという、華やかで楽しいシーンが満載です。皆さんに笑顔になって帰っていただけるようにがんばりたいです」とコメントした。

 最後に、山田は「よおーし、やるぞ!」と気合を入れて登壇者を鼓舞すると、「嫌なことを忘れて、とにかく笑ってもらうことを目標に稽古していたので、僕たちはそれをぶつけるだけ。本気で受け取って笑っていただけたらと思います」と呼び掛けた。

 舞台は18日〜2月14日、都内・東京建物BrilliaHALLほか、大阪、福岡で上演。


(前列左から)演出の福田雄一氏、賀来賢人、山田孝之、新妻聖子、(後列左から)長谷川忍(シソンヌ)、じろう(シソンヌ)、矢本悠馬、小関裕太、三浦宏規


もっと大きな画像が見たい・画像が表示されない場合はこちら

    ニュース設定