「バカ」と言うのは他の表現を知らないだけ。気持ちを代弁しよう

7

2021年01月18日 10:10  mamagirl

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

mamagirl

写真掲載:mamagirl
掲載:mamagirl
きつい言葉は素直に表現できないだけ。自分を守ろうとしています
お友だちとトラブルが起きて「バカ」「嫌い」「もう遊ばない」などときつい言葉を他の子に使っていると慌ててしまいますね。
きつい言葉を使う子は感情のコントロールが苦手です。イライラすると、きつい言葉を使って自分を守ろうとすることがあります。
問題は自分の感情を素直に表現できないこと。「バカ」と言う言葉が出てしまったら「悲しいからもうやめて」「もう言わないで」と自分の希望を伝えられるように言葉を教えましょう。


仲良しだからこそ悲しい気持ちも倍増。仲裁よりも代弁がおすすめ
HくんとRくんは仲良しのお友だちです。ある日Hくんが遊んでいたおもちゃを「かして」と言いながらRくんが奪ってしまい、「Rくんのバカ」「Hくんなんて嫌い」とお互いに言い合いになりました。
お母さんが「嫌だったんだね」と双方の気持ちを代弁すると静かに頷いたそうです。奪われたことが嫌だった、貸してくれなかったことが嫌だったとそれぞれに理由がありました。
相手の気持ちに気付くと自然に「ごめんね」という言葉が出てまた一緒に遊びだしたそうです。


きつい言葉を使う子どもなりの理由。自分の気持ちに気付いていない?!
HくんとRくんのように、自分が嫌な気持ちだと気付いていないことがあります。子どもがきつい言葉を使った時には、お母さんが「こう言われて嫌だったんだね」「嫌だったからバカって言っちゃったんだね」と子どもの気持ちを言葉にしましょう。
子どもは「嫌だったんだ」と自分の気持ちに初めて気付けます。すると「言われないようにしよう」「違うお友だちと遊ぼう」などと回避する方法を考え、イライラする感情から逃れられます。


子どもの気持ちの代弁と親子遊びをしてみよう。楽しみながら発達を促せる
きつい言葉を使ったら「嫌だったね」「謝ってほしかったんだね」「やめてほしかったんだね」と代弁するようにしましょう。お母さんが気持ちを代弁すると、自分の気持ちに気付きうまく伝えられるようになります。
お友だちとのトラブルでイライラしたら「嫌だからやめて」と言う方法を覚えていきます。
自分で問題を解決できるようになるのです。たくましさと自信を身に付けて自立した子どもへ成長していくでしょう。


今日の1日1成長
子どものきつい言葉にドキッ!表現の仕方と親子遊びが子どもを変える
子どもの表現力も1成長、お母さんの共感力も1成長。
きとうめぐみ(文)むらたますみ(編集)日本キッズコーチング協会(監修)http://jakc.or.jp/

このニュースに関するつぶやき

  • ネトウヨ層って、こうやって異論者に具体的な反証や説明をはぐらかして根拠ない人格攻撃しかしないよな…。故にネトウヨか。→それにしても左巻きには馬鹿が多いよなぁ。あ、馬鹿だから左なんだ。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 元沖縄産おー型軟体生(LV53)は生まれついての気違いだから、他人に相手にされていないのに逆恨みして粘着し、脳内設定のみで生きています。自決すべきです。
    • イイネ!17
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(3件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定