【バイプレイヤーズ百名鑑】近藤芳正「同じ年頃のおやじばかり集まり同窓会のような感覚」

0

2021年01月18日 20:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する近藤芳正 (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会
『バイプレイヤーズ』シリーズ新プロジェクトに出演する近藤芳正 (C)「バイプレイヤーズ2021」製作委員会/(C)2021「映画 バイプレイヤーズ」製作委員会
 日本を代表する名脇役たちが本人役で登場するドラマ『バイプレイヤーズ』シリーズ(テレビ東京系)。2021年、新プロジェクトとして、ドラマ第3弾『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』(テレビ東京系/毎週金曜24時12分)と、映画『バイプレイヤーズ〜もしも100人の名脇役が映画を作ったら〜』(2021年春公開)が始動。総勢100名以上が出演する本作を彩る、個性豊かで豪華すぎるキャスト陣をチェックしていこう。

【写真】『バイプレイヤーズ〜名脇役の森の100日間〜』第1話に出演した近藤芳正

◆File No.011 近藤芳正

 都会から離れた森に囲まれた大きな撮影所“バイプレウッド”。この辺ぴな撮影所に、各局の連ドラや映画作品が一気に集まってしまったことで起きる大騒動を描く新作。第1話で近藤は木曜サスミス『チーム7』に出演する、中学生日記でデビューし、「怒んないから本当のこと教えて」と言いつつ怒りがちなベテラン俳優・“近藤芳正”を演じた。

 “実と虚の狭間”が魅力だと語る『バイプレイヤーズ』シリーズには意外にも初出演となる近藤。今回のオファーは「正直コロナ禍で仕事がなかったので、めちゃ嬉しかった」と振り返る。撮影は「同じ年頃のおやじばかりが集まって同窓会のような感覚」だったといい、「お互い長く続けてきて良かったなぁと、裏では泣いていた」とも。

 「衣装合わせにたまたまアロハと下駄で行ったら、それが衣装になるぐらい本人感覚を求められていた」と裏話を明かし、「でも、決められたセリフはあるし、近藤に似た、近藤のようなもの」と感じつつ自身役を演じたそうだ。

★近藤芳正/1961年8月13日愛知県生まれ。1976年に『中学生日記』(NHK)でデビュー。79年に劇団青年座研究所に入所。映画『12人の優しい日本人』、『THE有頂天ホテル』、『ザ・マジックアワー』など三谷幸喜作品にも多数出演。自身がプロデュースする「劇団♬ダンダンブエノ」を立ち上げたほか、舞台プロデュースやワークショップ主宰など、後進の指導にも積極的に携わる。

●『バイプレイヤーズ』第1話プレイバック

 民放各局の連続ドラマの撮影が行われている“バイプレウッド”と呼ばれる撮影所で、7チャンの刑事ドラマ『チーム7』の撮影が行われていた。しかし、撮影中に主演が突然降板。そして現場では、若手VSベテランの主演争いが…。前代未聞の事態に、撮影は混乱を極める。
    ニュース設定