『君と世界が終わる日に』竹内涼真のゾンビドラマ「いきなりクライマックスのような展開」と反響

2

2021年01月18日 20:11  クランクイン!

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!

写真新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』Season1 第1話場面写真 (C)日本テレビ
新日曜ドラマ『君と世界が終わる日に』Season1 第1話場面写真 (C)日本テレビ
 俳優の竹内涼真が主演を務め、女優の中条あやみが共演するドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系/毎週日曜22時30分)の第1話が17日に放送。街中にゾンビが溢れ、主人公の響(竹内)が必死に戦う展開に視聴者からは「いきなりクライマックスのような展開」などの声が集まった。

【写真】ゾンビが竹内涼真を襲う! 『君と世界が終わる日に』第1話より

 本作は、地上波ゴールデン帯の連続ドラマとしては日本初となる本格ゾンビ作品。プロポーズ前日、トンネル滑落事故に遭い閉じ込められてしまった青年・間宮響(竹内)が、変わり果てた世界で恋人の小笠原来美(中条)を探しながらゾンビの脅威に立ち向かう。

 自動車整備工の響は、同棲中の恋人・来美にプロポーズをしようと決意していた。しかしその日、響はバイクで通勤中にトンネル崩落事故に巻き込まれ、一人だけ閉じ込められてしまう。

 事故から4日が経ち、なんとか自力で脱出した響。閉じ込められている間に、街はすっかり変わり果て、職場では社長が化け物のような姿で人を食っていた。街中がゾンビだらけで、襲われそうになりながらもなんとか自宅にたどり着くが、来美の姿が見えない。ゾンビだらけの街にネットでは「怖い」「なかなかやばいな」「エグい」「めっちゃ怖いけどみるのやめられない」などの驚きの声が上がっていた。

 響は、かみつかれることで伝染する感染症がパンデミックを起こしていることを知り、偶然出会った警察官や女子大生など、複数で行動するようになる。避難所に辿り着いた響は必死に来美を探すが、そこには来美の服と名札だけがあり、肝心の来美の姿はなかった。その上、避難所に先に避難していた人々全員がゾンビの姿になっており、響たちは襲われそうになってしまう。周りが諦めそうになる中で、響は絶対に諦めない、と元弓道部の能力を生かして弓矢で続々とゾンビを退治していく。このシーンには「命中率すご」「弓を放つシーンかっこいい」「惚れ直す」などの反響が集まった。

このニュースに関するつぶやき

  • 若い刑事役の笠松将さんに注目しておいて損はないと思います(^^♪
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 大丈夫か?(´・ω・`)
    • イイネ!6
    • コメント 5件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定