コルグの伝説的技術者、1973年のアナログシンセ名機「miniKORG 700」復刻を監修 「トラベラー」が時を超え、幻の音も実現

16

2021年01月18日 20:32  ITmedia NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia NEWS

写真miniKORG 700FS
miniKORG 700FS

 コルグは1月18日、アナログシンセサイザー「miniKORG 700FS」を完全限定生産で6月に発売すると発表した。元になった「miniKORG 700」は1973年に発売されたモノフォニック(単音)電子楽器で、その暖かい音色は難波弘之、喜多郎、ヴァンゲリス、スティービー・ワンダーなど多くのミュージシャンに愛用されている。



【その他の画像】



 miniKORG 700FSの開発に当たっては、オリジナル版を設計したコルグの三枝文夫氏(現在は監査役)が直接アドバイスし、回路図にない部分まで再現したという。



 オリジナルのminiKORG 700は、同社が量産した最初のシンセサイザーで、国産のアナログシンセサイザーとしても最初期の製品。音色変化、音量変化のパラメーターは海外の先行製品とは異なる独自の解釈で実装した。特に「トラベラー」と呼ぶ音色変更機構は、ハイパスフィルターとローパスフィルターを組み合わせた独自のコントローラーノブを採用している。しかし復刻版ではそこに設けたハードウェア機構上のリミットを解除する新しいコントローラーノブに取り換えることが可能で、当時のユーザーがノブを削ることで実現した「幻の音」も容易に出せるようになる。



 miniKORG 700は音源が1個のシングルオシレーターだが、復刻版のminiKORG 700FSは1974年に発売された後継機miniKORG 700Sと同等のセカンドオシレーターを搭載。さらに、当時は組み込むことができなかったジョイスティック、スプリングリバーブユニット、アフタータッチ、アルペジエイターを内蔵。さらにMIDIインタフェース、音色メモリも搭載し、最新の電子楽器やPCにも接続できる。


このニュースに関するつぶやき

  • 「当時は京王技研工業というヤマハの下請けで、桜上水のプレハブ工場で、2割引きで直売してました」 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/02/news056_5.html
    • イイネ!11
    • コメント 4件
  • 「当時は京王技研工業というヤマハの下請けで、桜上水のプレハブ工場で、2割引きで直売してました」 https://www.itmedia.co.jp/news/articles/1011/02/news056_5.html
    • イイネ!11
    • コメント 4件

つぶやき一覧へ(9件)

ニュース設定