移籍噂のサラーがリヴァプールへの忠誠誓う「できるだけ長くここにいたい」

1

2021年01月19日 14:04  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真リヴァプール愛を語ったサラー [写真]=Getty Images
リヴァプール愛を語ったサラー [写真]=Getty Images
 移籍が噂されるエジプト代表FWモハメド・サラーが所属するリヴァプールに忠誠を誓っている。イギリスメディア『スカイスポーツ』がノルウェーメディア『channel TV2』を引用し伝えている。

 リヴァプールと2023年夏までの契約を残すサラーは今シーズンリーグ13得点を記録し、得点ランキング首位に立ち連覇を目指すリヴァプールを牽引している。しかし、「チャンピオンズリーグ(CL)のミッテラン戦でキャプテンマークを巻くことがなく不満だった」と失望を語ったことで、移籍の噂が再燃していた。

 これについてユルゲン・クロップ監督は「クラブの内部的にはなにもない」と否定。さらに今回将来について問われたサラーは「わからない」としつつも、チームへの愛を語った。

「(将来は)分からない。聞かれたら、“できるだけ長くここにいたい“と言うけど、前にも言ったように、そういったことはクラブの手の中にあるんだ。いつもこのクラブに在籍する最後の瞬間まで100パーセントを捧げるし、できる限り多くのトロフィーを獲得したいと思っている。そして、いつも私に愛を示してくれる人々に100パーセントを捧げたい」

このニュースに関するつぶやき

  • まぁ世界最高の監督の下だしな。 クロップに必要とされる限り在籍する価値はある。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定