「息子の学歴が恥ずかしい」と告白する46歳女性に、鴻上尚史が厳しく指摘した“真実”とは

44

2021年01月19日 16:00  AERA dot.

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AERA dot.

写真鴻上尚史さん(撮影/写真部・小山幸佑)
鴻上尚史さん(撮影/写真部・小山幸佑)
 無名の大学に通う息子を恥ずかしく思ってしまうと告白する46歳女性。母親失格だがこの気持ちをどうしたらいいかと悩む相談者に、鴻上尚史が「冗談ではないですよ」と伝えた、ある意外な提案とは。

【相談92】息子の学歴を恥ずかしいと思ってしまいます(46歳 女性 ジャスミン)

 22歳の息子をもつ母です。悩みは、息子の学歴を、恥ずかしく思っていることです。私は息子に小学生の頃から塾に通わせ、息子は中学受験をしました。

 中学受験は子どもと親の両方の努力が必要で、私も息子も本当に頑張ったと思います。私も息子もこれを乗り越えて、第一志望ではないですが、それなりの学校に合格することができました。

 けれど、息子は中学、高校と進級するごとに私の言うことを聞かなくなり、勉強もおろそかになりました。結局1年浪人して、無名の大学に通っています。

 私は教育のどこを間違えたのか。大学の付属をもっと受けさせればよかったと、今でも後悔しています。「人は学歴じゃない」というのはきれいごとで、それがすべてではありませんが、大切な評価軸なのが現実です(鴻上さんに怒られそうですが、現実だと思います)。

 私は息子が大学受験に失敗してから、近所の人と会うのもいやになりました。息子の大学がどこか聞いてくるご近所さんがいるからです。周囲には息子の小学校からの同級生もいて、近所の方から「○○ちゃんは大阪大学ですって」などと聞くと、1日じゅう落ち込んだ気持ちになります。息子には言っていませんが、息子の大学を恥ずかしく言いたくないのです。

 母親失格でしょうが、どうしようもないこの気持ちを、どうしたらいいでしょうか。

【鴻上さんの答え】
 ジャスミンさん。息子さんの大学が恥ずかしいですか。近所の人と会いたくないですか。息子さんが無名の大学に入って近所の人に言えないのなら、ジャスミンさんが頑張って、有名な大学に入るのはどうですか?

 冗談ではないですよ。世界では、社会人になってもう一度大学に入るのはよくあることです。日本でも少しずつ社会人の学生が増えてきました。

 息子さんの大学が自慢できないのなら、代わりに自分が有名大学に入って、近所の人達に自慢することは、僕にはとても自然なことだと感じるのですが。

 ジャスミンさんの言うように、学歴は依然として「大切な評価軸なのが現実」だと僕も思います。

 問題は「なんの評価軸か?」ということです。

 ジャスミンさんが考える「評価軸」は、「世間の評判」とか「近所に自慢できるかどうか」ということでしょうか?

 ジャスミンさんの相談からは、例えば「息子は○○会社を志望している。けれど、この会社の採用する学生の出身大学はあきらかに△△大学以上のレベルに集中している。このままだと、息子は自分の希望がかなわない。どうしたらいいでしょう?」というような、息子さんの幸せを問題にしている感じがしないのです。

 または、「息子は○○を専攻したいのに、入学した大学の学部では教授を含めて、じつに不十分な体制でしかない。どうしたらいいですか?」という、息子さんの要望を問題にしている相談にも思えません。

 または、「無名の大学に入った息子は、手に職をつけて○○になりたいと言っている。○○という職業は学歴は問題ないんでしょうか?」という、息子さんの希望を問題にしている相談にも思えません。

 ジャスミンさんが問題にしているのは、とにかく近所の評判のように思えます。

「人は学歴じゃない」という言い方をジャスミンさんは道徳とか慰め、建前だと感じているのでしょう。

 けれど、ビジネスの現場では、「東大を出ているのに使えない」とか「早稲田のくせに」「慶応なのが信じられない」なんて言い方と共に「人は学歴じゃない」と言われたりします。ついつい、有名大学を出ているから優秀な奴だと思っていたらそうでもない、本当に優秀かどうかと偏差値は関係ないんだとか、偏差値は高いかもしれないけどコミュニケーション能力が低すぎる、本当に人は学歴じゃないんだなあ、なんて言い方です。

 さらに、終身雇用制が崩壊し、年功序列を守っていた大企業が続々と倒産・吸収合併を迎えている今の時代、高学歴だから仕事ができなくても評価軸は揺るがず、定年までぬくぬくと安泰だ、なんて職場はどこにも、ないと思います。

 そういう意味で「人は学歴じゃない」という言葉が、ビジネスの現場ではリアリティーを持って語られるのです。

 ジャスミンさん。ジャスミンさんが息子さんに一番、望むことはなんですか?

 幸せになって欲しいことですか? 近所で胸を張れる高学歴ですか? 世間に自慢できる大企業に就職することですか?

「生涯賃金と高学歴には相関関係があっても、幸せと高学歴はイコールじゃない」なんて手垢のついたことを言おうと思いましたが、そもそも、ジャスミンさんは息子さんの幸せを問題にしてないですよね。相談の内容は、「息子が無名の大学に入って悲しんでいるのがつらい」ではなく、「息子が無名の大学に入って恥ずかしい」ですものね。

 ジャスミンさん。僕の言葉がきついと感じますか。

 僕がこんな言い方になるのは、息子さんに深く同情しているからです。

 僕の勝手な推測ですが、息子さんは「子供の幸せのため」ではなく、「近所の見栄や評判のため」に勉強を強制するジャスミンさんへの反発として、中学・高校時代、勉強を拒否したんじゃないかと感じるのです。

「中学受験は子供と親の両方の努力が必要で、私も息子も本当に頑張ったと思います」と、ジャスミンさんは書かれています。

 子供には子供の努力、母親には母親の努力があることを僕は否定しません。ですが、一番しんどく苦しいのは、受験をする当事者である子供だと僕は思っています。

 そんなことはない、母親も大変なんだとジャスミンさんが仰るかもしれないからこそ、今から有名大学を受験したらどうですかと真剣に提案しているのです。

 受験当事者の努力や苦しみと応援者の努力や苦しみの違いが分かるんじゃないかと思うのです。

「息子には言っていませんが、息子の大学を恥ずかしく言いたくないのです」とジャスミンさんは書かれていますが、息子さんが気付かないはずがないと思います。小学校からずっと「勉強しろ」と言われ続けたのです。ジャスミンさんがこの文章を読んでいるこの瞬間も、息子さんは「母親は納得していない。母親は僕の大学を恥ずかしいと思っている。育て方を失敗したと思っている。教育方針を変えたら、僕を変えられると思っている。母親は僕の人生を母親自身が恥ずかしいと思わないものに変えたいと思っている」と分かっているはずです。

 ジャスミンさんは、ご自身のことを「母親失格でしょうが」と書かれています。「母親失格ですが」と断定せず、「でしょうが」とあいまいにしている点も気になりますが、一番、知りたいのは、どういう点で「母親失格でしょうが」と思ったのでしょうか。

 僕には、「無名の大学に入った息子を恥ずかしく思う」からではなく、「息子の学歴を通じて、自分を確認し、自分を承認し、世間に対して自分の価値をアピールしたい」と思っているからなんじゃないかと感じるのです。

 ジャスミンさん。きつい言い方を続けました。申し訳ありません。

 僕の判断が全然違っていると思われても結構です。いえ、違っていて欲しいと思います。

 でも、ジャスミンさんの考え方の中心が、息子さんの幸せ、息子さんの希望、息子さんの意志ではなく、近所の評判、世間体、息子さんを通じての自己確認である限り、ジャスミンさんと息子さんの距離はどんどん遠くなっていくと思います。そして、お互いが不幸になると、僕は心配しているのです。

■本連載の書籍化第2弾!『鴻上尚史のもっとほがらか人生相談』が発売中です!

【おすすめ記事】66歳男性が風呂場で涙… 友人もいない老後を憂う相談者に鴻上尚史が指摘した、人間関係で絶対に言ってはいけない言葉


このニュースに関するつぶやき

  • 自分自身に確固たる価値観がない人ほど、夫や子供、親戚の学歴や職業を自慢げに話す。本人以外のことに興味はないので「で、あなたはどうなの?」とわざと聞きたくなる。
    • イイネ!11
    • コメント 9件
  • 息子は中学、高校と進級するごとに私の言うことを聞かなくなり←健全じゃん。これを恥ずかしいとかバカじゃないか。お前が受験すりゃいいよ。子どもは親の道具じゃない。
    • イイネ!22
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(29件)

前日のランキングへ

ニュース設定