冬の電気代を月3000円以内に! 今日から無理なくできる“節約テクニック”5選

7

2021年01月19日 16:50  クランクイン!トレンド

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

クランクイン!トレンド

写真簡単な寒さ対策で冬の電気代を節約!   写真=mii
簡単な寒さ対策で冬の電気代を節約!  写真=mii
 冬は寒く、ずっとエアコンなどの暖房器具を使うせいで、電気代が大変なことになってしまいます。節約しつつ使っていても、なかなか電気代は減らせないもの。そこで今回、筆者の実体験を含めて、無理なく電気代の節約に成功した方法についてご紹介します。ぜひ、参考にしてみてください!(文・写真=mii)

【写真】エアコン掃除で電気代を節約!

■エアコンの手入れ&使い方で節約

 エアコンのフィルターは、ほこりが溜まると効率よく暖かい空気を出すことができません。そのため、余計な電力を使い、結果的に電気代が上がってしまう…なんてことも。そのため、理想は2週間に1回の掃除、せめてエアコンを使い始めるシーズンの前に1度掃除をしておくだけでも電気代が変わってきます。

 また、運転モードの設定でも節約が可能。エアコンは、室内を設定温度にするまでが最も電力を使います。部屋が暖まりにくい「弱モード」よりも、一気に室温を設定温度した後、微風運転になる「自動運転モード」のほうが余計な電力を使いません。かつ、暖かい空気は上に行くため、風向を下向きにして効率よく部屋全体を暖めましょう。

■部屋の湿度にも注意!

 一般的に人は、“湿度が10%上がると体感温度が1度上がる”と言われています。また、湿度が30%以下になるとインフルエンザウイルスが活動しやすくなるため、健康面を考えても湿度を60%前後に保つとgood。

■断熱カーテンなどで工夫を

 さらに、遮熱カーテンや遮熱シートで部屋を保温することもおすすめ。空気は暖かいほうから冷たいほうに移動をするので、どんなに部屋の温度を上げたとしても窓を通じて暖かい空気が逃げてしまいます。遮熱カーテンや遮熱シートを利用して、窓から熱を逃さないようにすれば電気代の節約にも繋がります。

■エアコン以外の暖房器具を使う

 エアコンは部屋全体を暖めるのに最適なアイテムですが、1人の場合、ほかの暖房器具を使う方が効率が良いこともあります。例としては、ストーブやこたつ、電気毛布などがあります。

 筆者は、電気毛布を取り入れ、冬場にほぼエアコンを使うことがなくなりました。来客や、朝仕事をする時に寒すぎて支障が出るといった際はエアコンを使用していますが、電気毛布のおかげで冬場の電気代が前年比、月300円から500円ほど安くなりました。種類にもよりますが、1時間あたりの電気代は、電気毛布の弱運転で、約0.09円程度、エアコンの暖房になると、とあるメーカーの6畳用の2018年度モデルの場合、約3円から約40.5円ほどするそうです。

■プランの変更、電力会社の乗り換えも

 必要以上に高いアンペア数(一度に使える電気の量)で契約している方は、アンペア数を低くすることで電気代が安くなることもあります。アンペア数が高いと基本料金を必要以上に多く払っていることになるので見直しましょう。

 また、ライフスタイルによっては電力会社を変更すると電気代が安くなることも…! 夜にしか電気を使わない場合や、在宅勤務に適したプランなどもありますので、ぜひいろいろ比較して検討してみてください。ちなみに筆者は、電気とガスのセットで割引される一人暮らし向けのプランを利用しています。

 今回紹介した節約術を利用すると、冬場の電気代は1ヵ月あたり高くても2800円ほど、安いと2300円ほどに収まります。冬場の電気代が高くて悩んでいるという方は、今日からできることもあるので実践してみてくださいね。

このニュースに関するつぶやき

  • その家や部屋の断熱性能や広さにもよりますよね。遮熱シートを窓に使っていますし、加湿器も使っている。でも、冬は電気代がかかって仕方ない。
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 何人暮らし?日中の在宅人数は?他の灯油代やガス代は?外気温は何度くらいのどこにお住まい?そういうことも書かないで何が3000円以下だよ
    • イイネ!11
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(5件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定