宇宙飛行士モチーフの防災セットがめちゃくちゃかわいい 地球への帰還を目指すデザインが勇気をくれそう

21

2021年01月20日 08:13  ねとらぼ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ねとらぼ

写真写真

 宇宙飛行士をデザインモチーフとしている防災セットが、Twitterで「めちゃくちゃかわいい」と注目を集めています。



【その他の画像】



 話題になっている商品は、フェリシモの「スペースエマージェンシーキット (NEO)」。合計8点の防災グッズが8カ月にわたって毎月1点ずつ送られてくる特殊なセット販売品で、合計価格は税込1万7600円です。発売は2017年8月だったのですが、2021年1月に投稿されたツイートを通じて、今再び注目を集めています。



 なお、8点の防災グッズが送られてくる順番は、届くまでわからない仕様となっています。セットが徐々にそろう様子を楽しみつつ、毎月防災のことを思い出せますね。



●ルームブーツ



 ふだんは防寒用ルームブーツとして、もしもの時は踏み貫き防止ブーツとして使えます。



 JIS規格の耐踏み貫き規定「T8101」に準ずる値をクリアしており、対応サイズは23〜26センチです。



●ポシェット



 表面はシルバーのシンプルなデザインですが、裏面には透明窓が備わっており、中にスマートフォンを入れれば保護しつつ操作できます。



 透明窓から見える地球の絵柄とスペースシャトル型ファスナーチャームの組み合わせで「地球への帰還を目指すスペースシャトル」が表現されており、緊急時に勇気が湧いてきそうなデザインです。



 サイズは縦約12×横約18.5センチ(ファスナーの厚み含まず)。ショルダーストラップの長さは約69.5〜134.5センチ(金具の長さ含まず・調整可)です。



●エアマット



 エアマット1個、アルミブランケット1枚、そしてエアマットへ給気するためのストロー1本のセットです。



 ふだんは寝袋代わりになるエアマットですが、もしものときにはあたたかなブランケットとして使えます。ストローによる給気に必要な時間は約5分です。



 サイズは、エアマットが給気状態で高さ約8センチ(枕部分は約12センチ)、アルミブランケットは縦約200センチ、横約130センチ。エアマットの耐荷重は250キロです。



●リュック



 コンパクトなかたちに畳めるので、緊急用リュックとしてちょっとしたスペースに備えておけます。



 サイズは縦約37.5センチ、横約27センチ、まち幅約15.5センチ。耐荷重は6.5キロです。



●ポンチョ



 撥水加工が施されたポンチョで、もしものときにはテントとしても使えます。



 サイズは総丈約90センチ、ゆき丈約70センチ。レディースのS〜LLサイズに対応しています。



●ブランケット



 もしものときには頭巾にもなる、防炎加工が施されたブランケットです。



 サイズは縦約70×横約130センチ。クッション時には、縦約33×横約33×厚さ約8センチとなります。



●軍手、タンク、笛付きキーホルダー



 アウトドアでも使える水タンク1個、軍手1組、笛付きキーホルダー1個のセットです。



 水タンクは縦約17センチ、横約17センチ、高さ約6センチ、容量約5リットル。軍手はレディースのフリーサイズとなっています。



●ハンドルを回して充電できるライト



 懐中電灯、手提げライト、点滅灯の3つの使い方ができるLEDダイナモライトです。



 サイズは、長さ約17.5センチ、直径約6.2センチ。採用されているリチウム充電池は、3.6V、80mAhです。


このニュースに関するつぶやき

  • それ程でも無いやろ
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • エアマットが地味にしんどいな。ストローで5分も息を吐き続けるとかwww
    • イイネ!17
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(11件)

ニュース設定