ウェザーニューズ、タイ国鉄に「運行可否判断支援サービス」を提供

1

2021年01月20日 09:21  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

ウェザーニューズは、タイ国有鉄道に対し、鉄道事業者向け運行可否判断支援サービス「Go or NG Decision Support」の提供を開始した。

これまで、タイ国鉄では日本の鉄道のように、気象条件に応じた運行規制基準がなく、災害を想定した運休や規制の判断が困難だった。一方で、6月から10月の雨季には台風や短時間強雨・雷雨による冠水や土砂崩れなどの被害が発生しており、災害発生後に気象条件が厳しかったことを把握することもあった。

タイ国鉄に提供を開始した鉄道気象サービスは、日本国内の大手鉄道事業者の約8割に導入され、気象リスクを加味した計画的な運休、車両退避、運行再開のタイミングなどの判断をサポートしている。タイ国鉄でも、沿線の観測機による雨量データと気象予測を提供し、今後は分析と運用によって、最適な運行基準値を検討、判断をサポートする。

海外の鉄道事業者への気象情報の提供は、台湾に次いで2カ国目となる。将来的には東南アジア各国にサービスを展開し、気象リスクを踏まえた運休や規制などの安全運行をサポートすることを目指す。

このニュースに関するつぶやき

  • 各国の安全な鉄道運行に寄与できていいね。隙間産業的だが、気象衛星を打ち上げられない国々には喜んでもらえると思うな。
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定