アンカー、独自のノイズキャンセリングを搭載したワイヤレスイヤフォン2機種を発売

0

2021年01月20日 19:23  ITmedia Mobile

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ITmedia Mobile

写真Soundcore Liberty Air 2 Pro(左)、Soundcore Life A2 NC(右)
Soundcore Liberty Air 2 Pro(左)、Soundcore Life A2 NC(右)

 アンカー・ジャパンは、1月20日に完全ワイヤレスイヤフォン「Soundcore Liberty Air 2 Pro」「Soundcore Life A2 NC」を発売した。同社が「スーパーノイズキャンセリング」とうたう独自のノイズキャンセリングを搭載している。



【その他の画像】



 Soundcore Liberty Air 2 Proは、音質・機能性を強化したLiberty Airシリーズの最上位モデル。イヤフォンの外側と内側に1つずつマイクを搭載したハイブリッド式アクティブノイズキャンセリングを採用し、Soundcoreアプリ上で屋外/交通機関/屋内を選択すれば最適なノイズキャンセリングを起動できる。



 高い硬度を特徴とする10層のナノレイヤーで構築したPureNoteドライバーが、クリアな音質を実現するという。アプリ上で音の聴き取りやすさを測定してHearing Profileを自動作成する他、イコライザーもカスタマイズ可能なHearID 2.0を備える。外音取り込み機能や直感的なタッチ操作、ワイヤレス充電に対応。充電ケースの使用で最大26時間(通常時)利用できる。価格は1万2980円(税込み)で、カラーはブラックとホワイト。



 Soundcore Life A2 NCは、同じくAnker独自技術のノイズキャンセリングを搭載しつつ、価格を9990円(税込み)に抑えたモデル。11mmの大口径ドライバーを備え、Soundcoreアプリ上でのイコライザー設定や外音取り込み機能、雑音を除去したクリアな音声通話を可能としている。付属の充電ケースを合わせて使うと最大35時間(通常時)利用でき、10分間の充電で約1.5時間再生できる短時間充電に対応している。


    ニュース設定