ロジハラでメンタルを病んだ30代男性のエピソード「お前は何を貢献した?上長は深夜まで仕事してるのに…」

0

2021年01月21日 06:50  キャリコネ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

キャリコネ

写真写真

世の中には、正論を振りかざして、相手に配慮のない発言をする人がいる。いわゆる「ロジカルハラスメント」(以下ロジハラ)と呼ばれるものだ。千葉県の30代男性キャリコネニュース読者は、

「パニック障害から復職した後、会社でロジハラを受けました。思い返すと怒りが込み上げてきます」

と告白。一体何があったのか。男性が職場で受けたロジハラ被害の一部始終を紹介する。(文:大渕ともみ)

診断書を根拠にした会社「明日から業務量を2倍にする」

パニック障害などの精神的な病は、たとえ症状が軽くなっても完治するまでには時間がかかる。そのため会社に復職できた場合でも、少しずつ元の生活に心身を慣らしていくのが通常の対応だ。

しかし男性の会社は、主治医から「業務量については特に制限を設けない」という趣旨の診断書を取得した途端、容赦なく業務量を増やしてきた。

「診断書の内容だけを真に受けた会社は『今のあなたは本来の業務量の半分しかこなせていない。明日から業務量を2倍にする』と宣告。そんな話は事前に聞いておらず、身体がつらいので、本音では受け入れられないことでした。しかし給料をもらっている以上、また、ほかの社員に迷惑をかけているという罪悪感があるので、断れませんでした」

会社からの要求に応えようと無理をした結果、男性のパニック障害は悪化。再度休職が必要な状態にまで追い込まれてしまった。

社長からの説教に心折れ「仕事ができないほど身体を壊してしまい、退職しました」

男性のパニック障害が悪化した原因は、ほかにもある。ある日、仕事を開始するやいなや過呼吸になってしまった男性。その日は帰宅するように命じられたものの、「明日社長から話があるから」と気になる言葉をかけられたという。男性が翌日出社すると、待っていたのは社長からの手厳しい説教だった。

「『おまえはおまえの課に、何を貢献してくれたんだ?上長は深夜まで残って仕事しているのに』と言われました。病気で迷惑をかけており申し訳ない気持ちはあるので、謝ることしかできませんでした」

男性は「とても悔しかったです」と当時の心境を振り返り、「結局無理がたたって仕事ができないほど身体を壊してしまい、退職しました」と括っている。

業務量を制限しない旨の診断書も、男性の上長が深夜残業をしていたことも事実だろう。しかし正論を盾にした思いやりのない対応や発言が、男性を追いつめ病気を悪化させたこともまた事実だ。人の上に立つ人は、無意識のうちに「ロジハラ」で言葉の暴力を振るってはいないか自戒するべきかもしれない。

※キャリコネニュースでは引き続きロジハラ被害談や「テレワークで快適なこと・つらいこと」などのアンケートを実施しています。

    ニュース設定