岡田結実“仙夏”「花魁ちゃんねる」開設!明治レディとコラボ「私もタイムスリップしてきたんです」『江戸モアゼル』第3話

0

2021年01月21日 07:02  テレビドガッチ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

テレビドガッチ

岡田結実が主演を務める木曜ドラマF『江戸モアゼル〜令和で恋、いたしんす。〜』(読売テレビ・日本テレビ系、毎週木曜23:59〜)第3話が、1月21日に放送される。

江戸時代からタイムスリップしてきた花魁・仙夏(せんか/岡田)が、令和の東京を舞台に繰り広げるハートフルなラブコメディ。さらに、仙夏と恋の四角関係を展開するキャストに葉山奨之、吉谷彩子、前田公輝と3人の若手俳優陣、そして仙夏が東京で居候する事になる家の家主として田中直樹(ココリコ)が出演。登場人物が全員ちょっぴり不器用で、見ている人をじれったくさせるような淡い恋物語を繰り広げる。

前回の第2話では、前田演じる鳥居の告白シーンが話題に。「俺と付き合え。お前みたいな女は初めてだ」という“俺様告白”に「興奮しすぎてふくらはぎつった!」「やばい……語彙力粉砕骨折した」といった興奮コメントで溢れていた。

<第3話あらすじ>
仙夏(岡田)は、鳥居(前田)と2週間だけ、お試しで付き合うことになった。一体、鳥居はどういうつもりなのか? 直次郎によく似ている鳥居から、まさかのアプローチに、戸惑いながらもOKしてしまった仙夏。彼女は、鳥居から連絡用に渡されたスマホの使い方を覚えて動画投稿をしたり、あれこれと使いこなすようになる。さらに、なんと「花魁ちゃんねる」を開設して情報発信を始める。一方、蔵地(葉山)は、スマホを活用して浮かれている仙夏の様子が気にかかる。

そんな中、お姫様のようなドレスを着た姫子(長井短)という女性が仙夏を訪ねてくる。動画クリエイターを名乗る姫子は、仙夏の動画を見て興味を持ったと言う。「花魁設定の仙夏さんと姫設定の私、間違いなくウケます!」とコラボを持ち掛ける姫子。バイト先のカフェ“蔵”も繁盛させられると聞いた仙夏は、姫子の申し出を引き受ける。

仙夏は姫子とのコラボ動画で、江戸の流行りものや美容情報を紹介したり、インタビューを受ける。本物の江戸の花魁のようだと感心する姫子に、仙夏は「気付いたら161年前からここに来ちまったんだ」と告白。すると、姫子は「私もタイムスリップしてきたんです」と打ち明け、明治時代の横浜で暮らしていたという過去を語る。江戸の花魁と明治のレディが令和で出会うという奇跡が!?

仙夏と姫子がタッグを組んだコラボ動画は大きな反響を呼ぶ。仙夏は、花魁キャラとしてブレイクするが、姫子には裏の思惑が……!?
    ニュース設定