2021年『本屋大賞』ノミネート10作が決定 加藤シゲアキ『オルタネート』など

78

2021年01月21日 12:02  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真2021年『本屋大賞』にノミネートされた『オルタネート』加藤シゲアキ(著)新潮社
2021年『本屋大賞』にノミネートされた『オルタネート』加藤シゲアキ(著)新潮社
 全国の書店員が“今いちばん売りたい本”を決める『2021年本屋大賞』大賞発表は4月上旬。のノミネート作品10作が21日、発表された。

【画像】芥川賞受賞作品も…『本屋大賞』ノミネート10作品

 同賞は“出版不況”や“読書離れ”に危機感を覚えた書店員有志により創設されたもので、書店員の投票だけで選ばれる点が特徴。4月上旬に大賞を発表する。

■2021年本屋大賞ノミネート10作 (作品名五十音順)
『犬がいた季節』伊吹有喜(著)双葉社
『お探し物は図書室まで』青山美智子(著)ポプラ社
『推し、燃ゆ』宇佐見りん(著)河出書房新社
『オルタネート』加藤シゲアキ(著)新潮社
『逆ソクラテス』伊坂幸太郎(著)集英社
『この本を盗む者は』深緑野分(著)KADOKAWA
『52ヘルツのクジラたち』町田そのこ(著)中央公論新社
『自転しながら公転する』山本文緒(著)新潮社
『八月の銀の雪』伊与原新(著)新潮社
『滅びの前のシャングリラ』凪良ゆう(著)中央公論新社

このニュースに関するつぶやき

  • 本屋大賞の本を毎度読んでたのに。本屋もないし、キンドルで読むしかなくなってたけど、本、読みたいなぁ。本を読む時間て贅沢なものだからなぁ。夢中になる時間。
    • イイネ!1
    • コメント 0件
  • 本屋さんが選ぶのに文句はないが、店にはマンガと売れてる作家の小説しか置いてない。昭和の本屋はもっと品揃え良かった気がする。売れ筋の本ばかりの本屋じゃコンビニで足りる(笑)
    • イイネ!22
    • コメント 1件

つぶやき一覧へ(38件)

ニュース設定