FIFAが”スーパーリーグ構想”にけん制…6大陸連盟会長との連名で声明発表

0

2021年01月21日 22:58  サッカーキング

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サッカーキング

写真FIFAがスーパーリーグ構想について声明を発表した [写真]=Getty Images
FIFAがスーパーリーグ構想について声明を発表した [写真]=Getty Images
 国際サッカー連盟(FIFA)と6つの大陸連盟は、欧州スーパーリーグ構想に対し声明を発表した。

 欧州スーパーリーグ構想とは、欧州クラブ連盟(ECA)によるもので、UEFA(欧州サッカー連盟)主催のチャンピオンズリーグ(CL)に対抗するアイディアとして計画されたリーグ戦。欧州の16のビッグクラブが参加し新設されると報じられている。

 これに対し、FIFAは、FIFAのジャンニ・インファンティーノ会長、アジアサッカー連盟(AFC)のシャイク・サルマン・ビン・イブラヒム・アル・ハリファ会長、アフリカサッカー連盟(CAF)のコンスタント・オマリ会長、北中米カリブ海サッカー連盟(Concacaf)のヴィットリーオ・モンタリアーニ会長、南米サッカー連盟(CONMEBOL)のアレハンドロ・ドミンゲス会長、オセアニアサッカー連盟(OFC)のランバート・マトロク会長、UEFAのアレクサンデル・チェフェリン会長の連名で、公式サイト上に正式な声明を掲載した。

「最近のメディアで取り上げられる、欧州クラブによるスーパーリーグ構想について、FIFAと6連盟(AFC、CAF、Concacaf、CONMEBOL、OFCおよびUEFA)はそのような大会を承認することはないことを改めて強調します。このような大会に関与したクラブや選手は、結果として、FIFAや各連盟が主催する大会に参加することはできなくなります」

「FIFAや連盟の規則によると、全ての大会がレベルにあわせた関係団体、すなわちグローバルな大会ならばFIFA、大陸レベルならば各連盟によって承認されなければなりません。この点で、各連盟は、現在のフォーマットおよび新フォーマットでのFIFAクラブワールドカップを、唯一の世界的なクラブ大会として承認しており、一方FIFAは、各連盟が主催する大会を唯一の大陸内クラブ大会として承認している」

「スポーツ的なメリット、連帯、昇格、入れ替え戦、補完性という普遍的な原則は、サッカーの世界的な成功のためのフットボールピラミッドの基盤であり、FIFAと各連盟の規則にも明記されています。サッカーは、これらの原則のおかげで、歴史上長く成功してきました世界大会や大陸大会への参加は、常にピッチ上で勝利しなければなりません」

    ランキングスポーツ

    前日のランキングへ

    ニュース設定