2021年の節分は2月3日ではなく2日。恵方巻や豆まきの日を間違えないように!

5

2021年01月22日 06:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ


「鬼は〜そと! 福は〜うち!」。今年も節分がすぐそこまでやってきています。豆まきや恵方巻の準備は進んでいますか? ところで節分といえば毎年2月3日ですが、実は今年2021年の節分は2月2日なんです。節分が2月2日になるのは、明治30年(1897年)2月2日以来、実に124年ぶりとのこと!

みなさん、知っていましたか?
(参考:国立天文台|暦計算室 トピックス「節分の日が動き出す」)

ビックリ!そんなことあるんだ!



今年の節分が2日だということを、チラシで知ったというママも!
『スーパーのチラシにのってた、なんで? なんでかな?』
『今年は2日だったんだね。知らなかった』
『え〜! 知らなかったよ。聞いといて良かった』
『恵方巻き予約販売のチラシを見て驚いた』
『え! そんなことあるんだ!!』

カレンダーをチェックしてみると……?


2021年のカレンダー、じっくり見てみてください。
『今年買ったカレンダーに「節分の日間違えました」って訂正シールが貼ってあった』
『市販のカレンダーは発表前に販売してることもあるから、見直した方がいいよ』

どうして、今年は2月2日なの?



”2月2日の節分”は124年ぶり。”2月3日以外の節分”としては昭和59年(1984年)2月4日以来、つまり37年ぶりだそうです。節分が2月3日で固定されているわけではないという事実を、今年の暦で初めて知ったという方も多いのでは?

ではなぜ、今年の節分は2月2日になるのでしょうか?

地球は1年=365日をかけて太陽の周りをまわっているイメージがありますが、実は「地球の運動」=「季節のめぐり」が真の1年(1太陽年)であり、1太陽年≈365.2422日=365日+6時間弱なのだそう。この6時間弱というずれの積み重なりが、2021年の節分が2月2日に移った理由なのです。

ちなみに今後しばらくは、4年ごとに節分が2月3日以外の日になるそうです。
(参考:国立天文台|暦計算室 トピックス「節分の日が動き出す」)
(参考:国立天文台|暦計算室 トピックス「秋分の日が動き出す」)

節分がずれる理由を知ったママたちの反応


知らないことってたくさんあるんですね。124年ぶりの出来事で、1つ勉強になりました。
『そういうことだったのね! 勉強になりました』
『説明読んでも全然分からないけど、間違えないようにしないと』
『他の祝日も気をつけて見ないと』
お正月やクリスマスのように、節分の日も2月3日が不動だと思っていたので、今年のカレンダーを見た時にはびっくりしてしまいました。
大人になって初めて知ることは、まだまだたくさんありそうです。節分の日のずれは、しばらくは4年ごとに続くということなので、豆まきの日や恵方巻を食べる日を間違えないようにしないといけませんね!

文・鈴木じゅん子 編集・千永美

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • どうせ恵方巻を横にして口にくわえてインスタにアップしちゃったりするんだろーよ(-_-;)
    • イイネ!0
    • コメント 2件
  • 何度でも覚えるまで...今年の節分は2月2日ですね
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(2件)

ニュース設定