24日 発達した南岸低気圧が通過 東京都心でも雪の可能性

0

2021年01月22日 13:41  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真24日 発達した南岸低気圧が通過 東京都心でも雪の可能性
24日 発達した南岸低気圧が通過 東京都心でも雪の可能性

24日(日)の予報が変わってきました。最新の予報では、発達した南岸低気圧の影響で、関東甲信では雪や雨となり、沿岸部を中心に風も強まって、荒れた天気となる可能性があります。東京23区でも雪の降る時間帯がありそうです。



●南岸低気圧 なぜ予報が難しい?なぜ予報が変わるの?


24日(日)は、低気圧が発達しながら関東の南の海上を通過する見込みです。
いわゆる「南岸低気圧」と呼ばれるもので、時に関東に大雪をもたらす原因となりますが、低気圧の通るコースや雨雲雪雲の広がり、地上や上空の気温や湿度など、これらの違いによって、雨か雪かが変わります。
これらのわずかな違いにも左右されてしまうため、非常に予測が難しい現象の一つです。そのため、常に最新の気象データをもとにしながら、この南岸低気圧の予測を行っています。


●24日(日) 東京23区でも雪か 山沿いでは大雪の可能性も


最新の予報では、より「雨」から「雪」よりの予想に変わってきました。
23日(土)夜から24日(日)朝にかけて、北からの上空の寒気の流れ込みがこれまでよりも強まる見込みとなったため、雪の降る範囲が広がる可能性があります。関東甲信の山沿いだけではなく、平地や東京都心でも雪の降る時間帯がありそうです。


さらに、沿岸部を中心に雨や風が強まり、荒れた天気となる所もあるでしょう。
低気圧の発達や寒気の流れ込みが現在の予想よりも強まれば、東京23区でも積雪となり、関東南部の山沿いを中心に大雪となる可能性もあります。
引き続き、最新の気象情報の確認をお願いします。


    ニュース設定