TOYOTA GAZOO Racing、2021年のGT500ラインアップを発表。3台がドライバー変更

1

2021年01月22日 14:01  AUTOSPORT web

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

AUTOSPORT web

写真1月19日に富士スピードウェイで行われたテストでピットアウトするGRスープラ勢
1月19日に富士スピードウェイで行われたテストでピットアウトするGRスープラ勢
 1月22日、TOYOTA GAZOO Racingは2021年にスーパーGT GT500クラスに参戦する6台のトヨタGRスープラのラインアップを発表した。6台中3台のドライバーの顔ぶれが変更されたほか、14号車ROOKIEはチーム名を変更。『TGR TEAM ENEOS ROOKIE』となった。

 GRスープラのデビューイヤーとなった2020年、第1戦富士でKeePer TOM'S GR Supraが優勝を飾り、チャンピオン争いに複数台が絡んだものの、デビューイヤーでの王座獲得はならなかったTOYOTA GAZOO RacingのGRスープラ勢。2021年に向けては、6台中3台でラインアップが変更された。

 まず、2020年からGT500クラスに参戦した14号車ROOKIEは、チーム名が新たに『TGR TEAM ENEOS ROOKIE』に変更された。チーム名が示すENEOSは2015年までスーパーGTでチームルマンをサポートしており、その時以来の復帰となる。

 車名の『ENEOS X PRIME』は、2020年7月から発売している新オイルブランドだ。そして、大嶋和也のチームメイトには2019年まで組んでいた山下健太が決まった。

 またドライバーの顔ぶれが変更されたのは、トムスの2台。36号車TGR TEAM au TOM'Sには関口雄飛のチームメイトに、2020年まで14号車をドライブしていた坪井翔が加わった。一方、昨年関口と組んでいたサッシャ・フェネストラズは37号車TGR TEAM KeePer TOM'Sに移り、平川亮と組むことになった。

 変わらないメンバーとなったのは、国本雄資と宮田莉朋が組むTGR TEAM WedsSport BANDOH、立川祐路と石浦宏明が組むTGR TEAM ZENT CERUMO、そしてヘイキ・コバライネンと中山雄一が組むTGR TEAM SARD。すでにコバライネンは来日しており、1月19日からスタートしたテストにも参加している。タイヤも2020年とは変わらず、5台がブリヂストン、TGR TEAM WedsSport BANDOHがヨコハマを履く。

TOYOTA GAZOO Racing
2021年スーパーGT GT500クラス ラインアップ
No.TeamCar nameDriverTyre14TGR TEAM ENEOS ROOKIEENEOS X PRIME GR Supra大嶋和也/山下健太BS19TGR TEAM WedsSport BANDOHWedsSport ADVAN GR Supra国本雄資/宮田莉朋YH36TGR TEAM au TOM'Sau TOM'S GR Supra関口雄飛/坪井翔BS37TGR TEAM KeePer TOM'SKeePer TOM'S GR Supra平川亮/サッシャ・フェネストラズBS38TGR TEAM ZENT CERUMOZENT CERUMO GR Supra立川祐路/石浦宏明BS39TGR TEAM SARDDENSO KOBELCO SARD GR Supraヘイキ・コバライネン/中山雄一BS
    ニュース設定