【松岡広大×山崎大輝】ミュージカル『スリル・ミー』「フレッシュな僕らなりの色で“観るものを虜に”」

0

2021年01月22日 14:02  ウレぴあ総研

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ウレぴあ総研

写真山崎大輝(左) 松岡広大(右) 撮影:杉映貴子
山崎大輝(左) 松岡広大(右) 撮影:杉映貴子
「私」と「彼」、たったふたりの出演者が一台のピアノと共に繰り広げる100分間ノンストップのミュージカル、『スリル・ミー』。

【松岡広大×山崎大輝】インタビューフォトをもっと見る

実際にあった衝撃的な殺人事件を題材にアメリカで生まれ、日本では2011年に初演された人気作が、2021年4月に2年ぶりに再演される。

これまで様々なペアが演じてきた「私」と「彼」は、日本初演10周年となる今回もトリプルキャスト。オーディションで選ばれたペア、松岡広大(私)と山崎大輝(彼)の対談をお届けする。

■これぞ栗山民也の“厳正なオーディション”

──今回が初共演ということで、まずはおふたりの関係性を確認させていただきたいのですが……?

松岡 今日が初対面です!

山崎 会うや否やビジュアル撮影して、その足でここに来ました(笑)。

松岡 でも共演が決まって、動画は見させていただきましたよ。すごく歌える方だなって。

山崎 ありがとうございます。僕も広大君のインスタグラム見てますよ。それでなんとなく、あんまり喋らない方なのかなと思ったんですけど、お会いしたら全然そんなことなくて。「初対面だから喋らないと」みたいなギアが入ってるんですか?

松岡 全くないです! 単純にうるさい人間です(笑)。というか、人と話すのが好きなんですよ。どういう価値観とか論理を持っている人なのか、知っておいたほうが意思疎通がはかりやすいと思いますし。だからあの、無礼だと思われたらドーンと突き放してください(笑)。

山崎 いやいや、それはないですよ! 僕も、最初はどうしてもちょっと人見知りしちゃうんですけど慣れればけっこう喋るタイプで、広大君が静かだったら空回りしちゃうと思ってたから(笑)、喋る人で良かったです。

松岡 僕も、山崎さんが明るい方で安心しました! 稽古でもっと深く知るのが楽しみです。

──おふたりともオーディションを受けられたとのことですが、挑戦しようと思ったきっかけは?

松岡 僕は松下洸平さんと柿澤勇人さんのバージョンを観た時から、なんとなく「やりたいなあ」と思っていたんです。その後、僕が“演劇界の帝王”として尊敬している成河さんがやっているのを観て、「決めた! 俺もやる!」と(笑)。

俳優の力量が試される作品だと思ったこと、栗山民也さんとはいつか絶対にご一緒したいと思っていたこともあって、お声がけいただいてすぐに挑戦を決めました。

山崎 僕はお声がけいただくまで作品を観たことがなかったんですが、ピアノ一台のふたり芝居と聞いて、「うわうわ、すごい!」と。なおかつ内容も濃密で、実際にあった事件が元になっているという点にも惹かれて受けさせていただきました。

ただ、僕はミュージカルのオーディション自体あまり経験がなかったので、本当にめちゃめちゃ緊張してしまって。その時が初対面だった栗山さんもね? もうあの……

松岡 (眼鏡をずらしてじっと対象を見つめる仕草で)こういう感じでしたよね(笑)。

山崎 そうそう! これは届いているのだろうか? という気持ちになりました(笑)。

松岡 すごく分かります。細かいところまで見てくださっているからこそなのですが、あまりの反応のなさに、これが“厳正なオーディション”ってやつなのか! と思いました。

山崎 ほんっとにそう。だから受かったと聞いた時は、嬉しいと同時にすごく安心しましたね。

■僕たちの世代だからできること見つけていく

松岡 僕ももちろん非常に嬉しかったんですが……成河さんがまたやられるとは聞いてないぞ、とも思いました(笑)。

オーディションを受ける前、ちょうど『ねじまき鳥クロニクル』でご一緒していたので、受けるんですってお話もしてたんですよ。その時は「ああそうなんだ、頑張ってね〜」としか言われなかったのに、蓋を開けてみたら同じ役。光栄ですが、やはり緊張します。

山崎 3組あるって、やっぱりプレッシャーではありますよね。しかもこの作品は、これまでにも何組もの方々が演じられている。選んでいただいた以上は新しいものを作りたいけれども、オリジナルを無理に狙って物語が成立しなくなるのもおかしいし、という葛藤があります。

松岡 そうですよね。とにかく作品に真摯に向き合って、選ばれた理由、僕たちの世代だからできることを、自分たちで見つけていくしかないのだと思います。俳優が変われば見え方も変わるのはごく自然なことだと思うので、果敢に挑戦していきたいですね。

──ちなみに、逆の配役を考えたことは?

松岡・山崎 ないです!

松岡 おこがましいかもしれないですけど、「『私』は俺だ」って、なぜか最初から思っていたんですよね。できる! やってみせる! という、変な自信があったんです。逆に、自分が「彼」を演じている姿は想像ができなかった。「私」と僕にはきっと、どこかで共通項があるのだと思います。

山崎 僕は「彼」としてお声がけいただいたので、単純に初めからそっちに精いっぱいでした(笑)。冷酷な「彼」は、今の僕から見たら遠い役。

でも僕は、自分に近い部分がある役のほうが演じやすいと思う一方で、遠い役を演じることで、自分の中から“裏面”の僕が出てくるような気もしてるんですよ。今回も、僕の中に眠る冷酷さが呼び覚まされるんじゃないかと期待してます(笑)。

松岡 はははは! それ、すっげー楽しみです(笑)。

■“化け物先輩”のことは、気になるけど気にしない!

──今日のビジュアル撮影から、いよいよ作品が動き出した形です。ぜひ感想をお聞かせください。

松岡 すごく緊張しました! スタッフの皆さんは柔らかい感じでいてくださるんですけど、作品の歴史や系譜を考えるとやはり、ずっしりとした重厚感をまとっているような気持ちになって。

山崎 そうですね。まだホンをしっかり読んでいるわけではない中でも、役をちょっと“降臨”させようと思って臨んではいたので。

広大君とお会いしたこともあって、自分は『スリル・ミー』に出るんだ、という実感がどんどん湧いてきました。同時に乗り越えなきゃいけない壁も具体的に見えてきて、めちゃめちゃ楽しみなんですけど、やっぱり不安も湧きましたね(笑)。

松岡 僕だって吐きそうです(笑)。田代万里生さんと新納慎也さんのペアにご挨拶する機会もあって、お客さんが観比べることになる相手を具体的に意識するようにもなりましたし。おふた組とも、僕たちとは明らかに厚みが違う“化け物先輩”ですからね!(笑)

山崎 本当にそうで、色んなことが具体的になればなるほど、「俺で大丈夫か!?」って思います(笑)。だから僕は、もちろんほかのペアのことは気になるんですけど、できるだけ気にしないようにしようと思ってて。オーディションの準備の時から、いただいた参考音源はあまり聴かないようにしてましたし、稽古が始まってからもそうするつもりです。

松岡 そもそもとんでもない方々な上に、おふた組ともこの作品で一度成功していらっしゃいますからね。僕も、学ぶところは学びつつ、意識し過ぎないようにしたいと思っています。

■フレッシュなふたりならではの作品にしたい

──歌の手応えなどはいかがでしょうか。

松岡 またおこがましい話になるんですけど、オーディションで歌った楽曲に関しては自分の声に合っているというか、セリフを喋るように歌えた感覚があって。今まで積んできた、声と体のトレーニングが少し形になってきているのかなと思います。

自分で思っているだけなので、お客さんからしたらまだ全然だと思いますけど(笑)。山崎さんはいいですよね! 歌えるから。

山崎 いやいや、そんなことないです本当に! というのも、昨年4月に『チェーザレ 破壊の創造者』で初めてミュージカルに出ることになって、ポップスとはやっぱり全然違うから、稽古が始まる前からボイストレーニングをしてたんですよ。でも稽古が始まったら、そこにもやっぱりアッキー(中川晃教)さんみたいな“化け物先輩”がいっぱいいて……

松岡 アッキーさんいたら「終わった…」ってなりますよね(笑)。

山崎 そう(笑)、それで本当に、もっともっと準備して稽古を迎えないといけないんだなってこう、改めて叩き込まれた感じがあって。

『チェーザレ 破壊の創造者』は中止になってしまって、今回がミュージカル・デビューになるので、今はただただ未知数というか……“ヤバそう”という言葉しか出てこない(笑)。でもなんとか、胸を張って舞台に出られるようにしたいですね。

──最後に、改めて意気込みをお願いします。

山崎 この作品が本当にすごいなと思うのは、出演者がふたりしかいなくて、そのふたりが違うだけなのに、すごく色んな色を見せてくれるところ。僕らにはフレッシュな僕らなりの色が出てくると信じて、作品ファンの皆さんに満足していただけるよう、精いっぱいやりたいと思っています。

松岡 「観るものを虜にするミュージカル」と、チラシなどにも書いてありますが、本当にその通りだと思います。まずは、その言葉に相応しい作品にできるように。

日本語に翻訳されたことでニュアンスが変わっている部分もあると思うので、英語のスクリプトにもあたって、この作品が伝えたいことを丁寧に突き詰めたいと思っています。そして、なぜ2021年の4月に上演するのかといったことも含めて、ひとりの人間として真摯に考えて臨みたいです。

ミュージカル『スリル・ミー』
原作・脚本・音楽:Stephen Dolginoff
翻訳・訳詞:松田直行
演出:栗山民也
出演:田代万里生(私役)×新納慎也(彼役) / 成河(私役)×福士誠治(彼役) /松岡広大(私役)×山崎大輝(彼役)
ピアニスト:朴勝哲 落合崇史 篠塚祐伴

【東京公演】
2021年4月2日(木)〜2021年5月2日(日)
会場:東京芸術劇場シアターウエスト

【大阪公演】
2021年5月19日(水)〜2021年5月23日(日)
会場:サンケイホールブリーゼ

ほか、各地公演あり
    ニュース設定