ダムの岩場に取り残された犬を濁流の中で救出した男性「放っておけなかった」(南ア)<動画あり>

0

2021年01月22日 15:32  Techinsight Japan

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Techinsight Japan

写真岩場に取り残されてしまった犬(画像は『News24 2021年1月20日付「WATCH | Hero hailed for saving stricken pooch from Drakensberg torrent」』のスクリーンショット)
岩場に取り残されてしまった犬(画像は『News24 2021年1月20日付「WATCH | Hero hailed for saving stricken pooch from Drakensberg torrent」』のスクリーンショット)
南アフリカのクワズール・ナタール州で、ダムに落ちて身動きが取れなくなった犬を救出しようとする男性が現れた。激しい濁流の中、果敢に救助に向かう男性の様子を『News24』などが動画とともに伝えている。

【この記事の動画を見る】

この動画を撮影したのは、ドラケンスバーグという美しい渓谷のふもとにあるベルパークダムの近くに住むステラ・スチュワートさんだ。1月16日の朝のこと、ダムにいた黒い犬を目撃した。この時ダムは前夜から降り続いた大雨で3年ぶりに貯水率ほぼ100%を記録しており、放流されていた。犬はそのダムの壁を乗り越え、あっという間に水が勢いよく放流されている坂を流されていったのだ。

幸い数メートル先は平面で岩があったため、犬はその岩場に留まることができた。しかしそこから先はさらに水が下部に流れていたことから犬は身動きの取れない状態になってしまった。この様子を見たステラさんの夫は、家に戻りロープを持ってくるともう一人の男性、アモス・ンドロブさんとともに戻ってきた。

アモスさんはロープを持つと、ダムの濁流の中に入っていった。「犬が大好きで、困ってる犬を見ると放っておけなかった」というほど犬好きのアモスさんは、迷うことなくダムへと降りていった。幼い頃から泳ぎには自信があったアモスさんはあまり恐怖を感じなかったというが、水の流れが速く一歩一歩ゆっくりと進んでいく。ひざ丈ほどの深さだが、一歩間違えると自らも流されてしまうような状態だった。そして犬のいる岩場までたどり着いたアモスさんは、警戒している犬の頭をなでて、自分が敵ではないと伝えているようだった。

その後、犬を抱き上げゆっくりと戻っていったところで動画は終わっている。無事に犬を安全な場所にまで移動させると、犬は安心したのか暴れだしたそうで、アモスさんは「命の恩人に挑もうとしている様子だったよ」と笑いながら明かしている。なお犬は無事、ダムのそばに住む飼い主のもとに戻ったそうである。



画像は『News24 2021年1月20日付「WATCH | Hero hailed for saving stricken pooch from Drakensberg torrent」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 FLYNN)

    前日のランキングへ

    ニュース設定