2020年百貨店売上高は過去最大の減少幅、インバウンドは80%減

1

2021年01月22日 15:52  Fashionsnap.com

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

Fashionsnap.com

写真                    伊勢丹新宿店本館(2020年1月撮影)                    Image by: FASHIONSNAP.COM
伊勢丹新宿店本館(2020年1月撮影) Image by: FASHIONSNAP.COM
 日本百貨店協会が、全国の百貨店73社196店舗を対象とした2020年の年間売上高を発表した。売上高は約4兆2204億円で、前年比25.7%減と過去最大の減少幅となった。インバウンドの総売上は同80.2%減の約686億円で、4年ぶりに前年実績を下回った。

 新型コロナウイルス感染症拡大の影響が大きく、緊急事態宣言に伴う休業やインバウンド需要の急速な低下に加え、消費マインドの低下、来店客数の減少によって、1月から12月までの全ての月で前年実績を下回った。4月には前年同月比72.8%減と過去最大の下げ幅を記録した。主要5品目(衣料品、身の回り品、雑貨、家庭用品、食料品)の商品別で最も影響があったのは衣料品で前年比31.1%減。続いて、雑貨が同31.0%減となった。
関連記事 そごう・西武の正月広告がSNSで話題、レシートにコロナ禍の販売実績を公開

このニュースに関するつぶやき

  • ■コロナショックで日本の失業率は6%突破、戦後最悪シナリオの中身(週刊ダイヤモンド:2020.5.26 https://mixi.jp/view_diary.pl?id=1978048586&owner_id=67611045
    • イイネ!3
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定