欽ちゃん&香取慎吾『仮装大賞』98回目で初の無観客開催 出場者の奮闘に「見ているだけで幸せ」

55

2021年01月23日 12:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『欽ちゃん&香取慎吾の第98回全日本仮装大賞』で司会を務める萩本欽一、香取慎吾(C)日本テレビ
『欽ちゃん&香取慎吾の第98回全日本仮装大賞』で司会を務める萩本欽一、香取慎吾(C)日本テレビ
 1979年に始まり、今回で第98回を迎える日本テレビ系『欽ちゃん&香取慎吾の第98回全日本仮装大賞』が、2月6日に放送(後7:00)。今回は、コロナ禍の影響により、史上初となる無観客開催となったが、司会の萩本欽一(79)と香取慎吾(43)、出場25組の精鋭が大会を盛り上げる。

【番組カット】今年も出場者たちが多彩なパフォーマンスで魅了

 今回は出場者・出演者・制作スタッフの健康と安全を第一に考え、ひとりで行う作品と、同居する家族だけの作品で募集。収録は緊急事態宣言前の昨年末に行われたが、仮装大賞出場者たちは、今まで以上のパフォーマンス力を発揮し、萩本は「お客さんなしは今までやった事がないけど、いざやってみたら、これはこれで意味のあるものだった。見ているだけで幸せ」としみじみ。香取も「応援の方々も含め、家族の魅力を感じながら皆で見て下さい!」と呼びかけた。

 ひとりネタの達人も勢ぞろいで、52回目の出場で、今回もひとりで挑戦する三井さんは、指の関節を使った仮装で魅了。毎回ミュージカル作品を団体で挑戦する指導者の先生は、今回はひとりでミュージカル仮装「不思議の国のアリス」を披露する。そのほかにも、大ヒット中の『鬼滅の刃』主人公・竈門炭次郎が一瞬で変身するパフォーマンスや、世界大会で優勝経験のあるポールダンサーが、映画の名場面を仮装で再現するなど、審査を勝ち抜いた精鋭25組の爆笑と感動が満載となっている。

 審査員は、梅沢富美男、柴田理恵、檀れい、花江夏樹、藤田ニコル、ずんの飯尾和樹、松丸亮吾、宮路美穂氏(報知新聞記者)、岩田絵里奈アナ、梶原比出樹氏(仮装大賞優勝8回のレジェンド)が担当する。

このニュースに関するつぶやき

  • 欽ちゃんの仮装大賞、今回は鬼滅の刃だらけだったりするんだろうか? というか、もう20年ぐらい見てない気がするが…。
    • イイネ!8
    • コメント 0件
  • 100回目が満員ならOKでしょ!
    • イイネ!18
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(31件)

ニュース設定