ママ友とは「程よい距離感」、でもときどき寂しくなる。少しだけ親しい関係になる方法は?

0

2021年01月23日 23:31  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ

子どもの学校や習い事を通じたママ友たちとの付き合いや、パート先の同僚との繋がりを考えてみたとき、なんだか希薄だなと感じてすっきりしない気分になることはありませんか? あるママさんも人との繋がりについて悩んでいるようです。ママスタコミュニティにこんな投稿をしてくれました。
『大人の人付き合いについてです。学校もパート先も子どもの習い事でも会えば話すし、相手から声もかけてもらえるからボッチではないから孤独は感じない。でも気づくと周りはもっと親密に連絡をとり合っていたり、ランチをしていたりする。いつも自分はその外側にいる感じがする。気づいたときは少し寂しいなと思うけれど、仲良しの人もできない。いつでもそれの繰り返し。同じような方はいますか? どう思っていますか?』
決して孤独ではないけれど、深い繋がりを得ているとも思えないと感じていると語るママさん。ほかにも同じような気持ちのママがいるのでしょうか。ママさんへのアドバイスや体験談を見ていきましょう。

子どもが大きくなると、ママ友間は挨拶程度になりがち……?ママさんに共感する声も

『私もだけれど、同じようなママさんはいっぱいいるよ。特に子どもが大きいと』
『同じく。挨拶も世間話もするけれど、それから先がない。いつのまにか周りは名前で呼び合っていたりするから、グンと距離を感じるよ(笑)』
ママさん同様に他の人とあまり親しくなれないというママも少なくないようです。周りの人はいつの間にか仲良くなっていて、一緒に遊んだりしているので、自分だけ取り残されたような気持ちになってしまうのでしょう。でも子どもが中学校や高校に行くと、親同士の繋がりもなくなってくることもあり、1人で過ごしているママを見かけることも増えるようですね。

仲良くなり過ぎると、その関係が負担になることもある


『寂しいなと思っていたけれど、幼稚園バス停のママたちと仲良くなれた! と思ったのも束の間、すごく負担だった。ハロウィンやクリスマスや送別会。私は孤独を愛することに決めたよ!』
『前は気にしていたけれど、ボッチが一番いいと気付いてから気にしなくなった』
『LINEやランチはするけれど、それほど頻繁ではない。寂しいなと思うこともあるけれど、親しくして頻繁に連絡を取り合ったらそれはそれでストレスになることもある。だからちょうどいいのかなと思う』
『それくらいでいいのよ。娘が今年高校生になったけれど、やっと幼稚園から一緒だったママ友と切れて万々歳だよ。12年のお付き合いでした。もちろんいいときもあったけれど、関係が濃くなるほど大変だった』
親しくできる人がいないと寂しいと感じたり、他の人が羨ましいと思うこともあるでしょう。でも実際に仲良くなってみると、その関係が負担になってくることもあるそうです。関係が深くなればなるほど、相手の嫌な部分が見えたりもするのでしょう。かと言って関係を解消するのも難しいのかもしれませんね。

それでも親しくなりたい場合、方法はある?



とはいえ、もしある程度は親しい関係になりたいと願うならば、ただ待っているままでは何も変わらないのでは? という声も届きました。
『わかるわかる。私も子どもが生まれてからそんな感じになった。子どもが小さい頃は、私のどこがダメなんだろう、自分に魅力ないのかなと落ち込んでいたけれど、よく考えたら私は自分から誘わない、人との間に壁を作り当たり障りない会話しかしない、踏み込まれたくないから踏み込まないタイプ。これでは親しくはなれないわけだ』
『ママさんは他の人と仲良くしたいんだよね? だったら自分から声をかけたりしないと無理じゃない? 行動が同じなら今のままだよね』
『親密に連絡を取っているように見える人たちは、たぶんどちらかがどちらかにきちんとアプローチなり誘うなりして、相手の話を掘り下げて聞いたり、それなりのエネルギーを持ってアクションを起こしている。アクションを起こしていないから、さほど親密にもならないだけの話だと思う。多い少ないに関係なく、仲良しの人間関係を作っている人は、人に対して何かしらやっているよ。連絡を取るのも時間を作るのも、声をかけるのも』
ママさんが他の人と親しくしたいと思っているならば、まずは自分から話しかけてみてはどうでしょうか。今のまま何もしなかったら人との付き合いが変わることもないでしょう。最初は勇気がいるかもしれませんが、人との繋がりを作っていく上では最初の一歩がとても大切になってくるでしょう。

今回のママさんは孤独は感じていないものの、少しばかりの寂しさを覚えているようでした。今くらい、適度な距離感を保ったまま人付き合いを続けていくのがいいのか、それとももう少し踏み込んで距離を縮め、さらに頻繁にやり取りをしたり出かけたりする付き合いを望むのか。それはママさん次第と言えそうです。いずれにしても、決してママさんの負担にならないような関係を築いていけることが理想的ですよね。

文・川崎さちえ 編集・blackcat

■ママスタセレクトで読む

    ランキングライフスタイル

    前日のランキングへ

    ニュース設定