香取慎吾主演『アノニマス』深川麻衣ら第2話・第3話ゲスト

0

2021年01月24日 09:00  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真香取慎吾主演、テレビ東京系新ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』(左から)第2話(2月1日放送)ゲストの深川麻衣、田中俊介、第3話(2月8日放送)ゲストの紺野まひる、青木柚 (C)「アノニマス」製作委員会
香取慎吾主演、テレビ東京系新ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』(左から)第2話(2月1日放送)ゲストの深川麻衣、田中俊介、第3話(2月8日放送)ゲストの紺野まひる、青木柚 (C)「アノニマス」製作委員会
 あす25日スタートの香取慎吾主演、テレビ東京系新ドラマ『アノニマス〜警視庁“指殺人”対策室〜』(毎週月曜 後10:00)の第2話・第3話のゲストが明らかになった。

【写真】1月25日放送の第1話ゲスト出演者

 同ドラマは、香取演じる主人公・万丞渉(ばんじょう・わたる)ほかクセの強いメンバー揃いの「指殺人対策室」が、キーボードによる殺人=指殺人に苦しむ人々の事件を解決に導いていく、SNSでの誹謗中傷をテーマにした全く新しいクライムサスペンス。事件を通して現代の日本における根深い社会問題・人間ドラマを描く。

 第2話(2月1日放送)で描かれるのは【デマによる誹謗中傷】。拡散されたデマにより、顔写真や勤務先が晒(さら)され、犯罪者と誤解されて誹謗中傷を受けている女性が「指対室」を訪ねてくる。そんなデマに苦しむ芹沢亜里沙役に深川麻衣。亜里沙の婚約者・日下部翔平役に田中俊介。

 第3話(2月8日放送)で描かれるのは【少年犯罪者の個人情報拡散】。殺人犯となった高校生の個人情報がネット上で晒される事態に…。未成年で殺人犯となった息子に苦悩する高校生の母親・片山百合絵役に紺野まひる。実名など個人情報が晒されてしまう高校生・片山蓮役を青木柚が演じる。

【深川麻衣(芦沢亜里沙 役)のコメント】
 ネット社会が発達していく今の世の中、どんどん便利になる一方で、いつの間にか失ってしまったものもあると思っています。このドラマでは、私達の身近にあるSNSの光と闇を描いていて、さまざまなメッセージが込められたこの作品に今回参加させていただけたこと、素敵な出演者の皆さまとご一緒できたことを光栄に思います。そして、私が演じた亜里沙と同じような思いをする人がどうかいなくなりますように、願っています。

【田中俊介(日下部翔平 役)のコメント】
 ドラマはエンタメ。娯楽の一つ。楽しい!かっこいい!面白い!などなど…いつも僕たちを煌めかせてくれます。それはそれは生きて行く上で欠かせない存在です。その中で社会問題を扱うこと、大きな意味があると思うんです。楽しみながら知ることができるから。楽しみながら考えることができるから。目を逸らさずに向き合っていかないといけない問題がこのドラマには描かれています。演者として充実した時間を過ごさせていただきました。香取さん演じる万丞…でら煌いてますよ!皆様の日々の煌めきにどうかアノニマスをよろしくおね(ここで文字数いっぱい?)

【紺野まひる(片山百合絵 役)のコメント】
 今回の役柄とお芝居を通じて、子どもというものは、親の発する言葉や態度で、人格形成されていくんだなと、改めて考えさせられました。また、人生はいつでも、どこからでもやり直せるものだなと。香取さんと一緒のシーンでお芝居をして、万丞渉がどんな過去を歩んできたのかが、とても気になりました。私は今回3話の台本しか読んでいないので、一視聴者として、これから残りの話を見るのを楽しみにしています。

【青木柚(片山蓮 役)のコメント】
 香取さん演じる万丞の重く厚い言葉や、震えるような熱量を全身に感じながら、一瞬一瞬を大事に演じさせていただきました。演じていて胸が痛むシーンもありましたが、ブレることなく片山蓮として生き抜くことが今の自分に与えられた使命と信じて全力で挑みました。『アノニマス』に参加したことで、SNSでの発信は勿論、何事においても、常に想像力を働かせるという事が大切なんだと改めて感じました。この物語が誰かの記憶に、そして意識に残り続ける作品になっていたらいいなと思います。
    ニュース設定