世界最強のパスポート2021、日本が連覇 2位はシンガポール、英コンサル会社調査

237

2021年01月24日 12:31  TRAICY

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

TRAICY

写真写真

ヘンリー&パートナーズは、査証(ビザ)の事前取得なしに渡航が可能な国・地域数を集計した「ヘンリーパスポートインデックス2021」を発表した。

日本は3年連続で維持し、世界191ヶ国・地域への渡航ができる。2位はシンガポールで190、3位は韓国で189ヶ国・地域への渡航ができる。7位はニュージーランド、8位はオーストラリアとなり、APAC諸国が徐々に順位を上げた。

一方で、EU諸国やイギリス、アメリカは順位を落としている。過去7年間で、アメリカは1位から7位に転落しており、新型コロナウイルスの影響で、渡航できる国・地域は75を切っている。

2020年には査証免除協定を結んだ国は少なかったものの、アラブ首長国連邦(UAE)は例外で、イスラエルとの渡航が可能とするなど複数の協定を結び、2006年の62位から、2021年には16位に大きく順位を上げた。

調査は、国際航空運送協会(IATA)のデータを用いて行われた。事前渡航認証(eTA)、アライバルビザの取得が必要な国・地域も含んでいる。

■ヘンリーパスポートインデックス2021(括弧内は無査証渡航が可能な国・地域数)

1位:日本(191)

2位:シンガポール(190)

3位:韓国・ドイツ(189)

4位:イタリア・フィンランド・スペイン・ルクセンブルク(188)

5位:デンマーク・オーストリア(187)

6位:スウェーデン・フランス・ポルトガル・オランダ・アイルランド(186)

7位:スイス・アメリカ・イギリス・ノルウェー・ベルギー・ニュージーランド(185)

8位:ギリシャ・マルタ・チェコ・オーストラリア(184)

9位:カナダ(183)

10位:ハンガリー(182)

このニュースに関するつぶやき

  • 台湾がこれから上がりまくるだろう 台湾表記デカくして支那と間違われないようにしたからο
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • 日本人を守ってくださいね?ってお願いしているのがパスポート。日本人として責任のある態度を示すことが求められることも持つ側がきちんと理解するべきだよね。
    • イイネ!182
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(169件)

前日のランキングへ

ニュース設定