“可愛いとキレイの二刀流” 鶴巻星奈、気品漂う迫力美尻にメロメロ

1

2021年01月24日 13:10  ドワンゴジェイピーnews

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ドワンゴジェイピーnews

写真写真

しっかり者のおねえさんのように見えて、甘えん坊の妹にも見えるという、魅力的なイメージの両面を併せ持ち、上品な笑顔と振る舞い、そして何と言っても、むっちり美尻が堪らないスレンダーボディでグラビアファンからも厚い信頼を得ている“ツルちゃん”こと鶴巻星奈の12枚目となる新作DVD『愛の神話』(竹書房)が先月発売、記念イベントが秋葉原・ソフマップで開催された。


ウエストラインは細いというより薄い、抜群のプロポーションに、花柄のチューブトップビキニで登場したツルちゃん。「ずっとほしかった水着なんです。チューブトップなのも可愛いし、柄とフリルがポイントですごい可愛いなって思って買いました」とにっこり。お気に入りの水着を手に入れてとても嬉しそうだ。



新作は10月に千葉でロケを敢行。10月18日が誕生日の鶴巻は「21歳最後の姿が映ってますね」と前置きし、「付き合っている彼氏が作家という設定です。ずっと“先生!”って呼んでいるので、観ているみなさんは小説家になった気分を味えるんじゃないかなと思います。それで私とデートしたりとか、別荘にいっしょに行ってラブラブしたりとかいろいろあります♡。私はOLと言う設定で初めてスーツを着たんですけど、そこで穿いた黒のストッキングがすごいセクシーなオトナな感じに仕上がっています」と説明。


今作で印象的なのは、アラビアンナイトのような衣装でベリーダンスを踊るシーンに、今まで観たことない鶴巻が堪能できるところだが、本人もそうだと言い、「じゃらじゃらがいっぱい付いたこんな衣装初めてなので、本格的にメイクさんもスタイリストさんも頑張ってくださって、そこで腰振って踊っているんですけど、なかなかDVDでは見られないシチュエーションなんじゃないかなと思って。最初は恥ずかしかったんですけど、だんだん楽しくなっちゃってノリノリでできました」と満足そうに話した。さらにセクシーなシーンを挙げてもらうと、「白いアオザイを着ているシーンなんですが、濡れると白いからカラダが透けて、そこから脱いでいって白のランジェリーに展開していくのが、照明もすごくオトナっぽくて好きです」と、大胆なツルちゃんに鼓動が早まりそうだ。


昨年11月に放課後プリンセスのユースチーム「放プリユース」に加入した鶴巻。「10周年アルバムのリリースイベントに参加させていただいて、すごい歴史があるグループに携われて嬉しいですし、メンバーの皆さんも意識が高いので勉強になります」と、新たな活動への静かな闘志も垣間見えた。以前所属していたN☆RNiRが1日だけ復活したが、「5年ぶりに集まったんですが、“エモい”ってこういうことなんだなって思いました」と笑顔を見せた。


アイドル活動を復活させたためか、「踊るようになって痩せてけっこうスッキリしました」と教えてくれた鶴巻、2021年はアイドルとグラドルの二足のわらじで、よりシェイプされたスレンダーボディをみせてくれるに違いない。





    ニュース設定