今週天気 春のような暖かさから再び冬の寒さに

2

2021年01月24日 19:21  日本気象協会

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

日本気象協会

写真今週天気 春のような暖かさから再び冬の寒さに
今週天気 春のような暖かさから再び冬の寒さに

26日(火)まで広く晴れるが、西から天気は下り坂。27日(水)は全国的に曇りや雨。29日(金)以降は、冬型の気圧配置となり、北日本や東日本の日本海側を中心に荒れた天気に。



●東日本では桜が咲く頃の陽気に


25日(月)は、日本付近は広く高気圧に覆われて、全国的に晴れる見込みです。広い範囲で日差しが心地よく感じられるでしょう。26日(火)は、北海道から近畿は、引き続き晴れて、日中は気温が上がり、春を思わせるような暖かさになりそうです。東日本では、桜が咲く頃の陽気になる所もありそうです。ただ、積雪が多い地域では、なだれや融雪にご注意下さい。軒下で作業をされる方は、足元だけでなく、屋根からの落雪にも注意が必要です。中国、四国地方から九州は、前線が通過するため、次第に雨が降るでしょう。27日(水)は、近畿や東海から北海道を前線が通過する見込みです。広い範囲で曇りや雨となり、北海道や本州の内陸では雪が降る所もあるでしょう。前線に向かって、南から暖かい空気が流れ込み、この時期としては気温の高い状態が続きます。積もった雪に雨がまじると一段と滑りやすくなりますので、雪下ろしをされる方は、ヘルメットや命綱等の安全対策を心がけて下さい。必ず2人以上で作業し、やむをえず1人で行う場合は、家族や隣近所に声を掛けておきましょう。


●全国的に再び厳しい寒さに


28日(木)は、春のような暖かさから一転、北日本や東日本を中心に冬の寒さが戻ります。東北から東海を中心に雲が広がり、冷たい雨の降る所もあるでしょう。29日(金)から31日(日)にかけては、日本海を前線を伴った低気圧が次々と進み、日本付近は冬型の気圧配置が続く見込みです。日本海側を中心に広い範囲で雪が降るでしょう。山陰や北陸から北の日本海側では、強い季節風が吹き付け、荒れた天気になりそうです。平地でも積雪が増え、大雪になるおそれもあります。本格的に受験シーズンが始まる中、交通機関への影響には十分ご注意下さい。太平洋側は、晴れる所が多くなりますが、強い風とともに、山沿いでは雪雲の流れ込んでくる所がありそうです。空気は乾燥しますので、火の取り扱いに注意し、体調を崩さないように、こまめなうがい手洗いを心がけましょう。なお、朝は内陸ほど冷え込みが厳しくなります。水道管の凍結する恐れもありますので、就寝前に水抜きをするなどの対策をとっておくと安心です。


このニュースに関するつぶやき

  • 風邪引くわ!
    • イイネ!0
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ニュース設定