<芸能プロダクション2021年イチ押し新人>ファインモーション所属:堤下裕也、役者業の魅力は「普段味わえない経験ができること」

0

2021年01月25日 12:02  デビュー

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

デビュー

写真堤下裕也(ファインモーション所属)
堤下裕也(ファインモーション所属)
 2021年1月期ドラマが続々とスタート。様々な作品でこれからのエンタメ界を担うであろうネクストブレイクが起用されている中、新人開発に積極的な芸能プロダクション各社が今年プッシュする注目の新人を紹介。浦えりか(元風男塾)を筆頭に、アイドル・タレントから役者・モデル・アスリートまで個性に合わせ、幅広い活動をサポートしている「ファインモーション」の『イチ押し新人』堤下裕也を、本人のインタビュー&担当マネージャー・スタッフの取材とともにクローズアップ。役者という仕事の魅力について、堤下は「普段の自分以外を引き出せるため、“こういう自分もあるんだ”と新たに発見できるところ」と語った。

【写真】ソニー・ミュージックアーティスツ「イチ押し新人」永瀬莉子

【ファインモーション所属:堤下裕也】

――デビューのきっかけは?

【堤下裕也】「役者を志したのですが、思うような結果がでず、一度諦めましたが、考え抜いた結果諦めきれずオーディションを受けました!」

――芸能界に憧れたきっかけ

【堤下裕也】「憧れた訳ではないのですが、21歳の時に母親の勧めで、初めて役者のオーディションを受け、それが落ちたのがすごく悔しかった為役者を志すようになりました」

――このお仕事の魅力や楽しさ、大変だと思うこと

【堤下裕也】「普段味わえない経験ができること、芝居のお仕事だったら普段の自分以外を引き出せるため、“こういう自分もあるんだ”と新たに発見できるのが、楽しさや魅力だと思います。大変だなと感じるのは、体調管理や役者の仕事だったら役作り、後仕事によっては朝が早かったり、深夜帯から現場入りとかもあるので、仕事の時間が不規則というところです」

――今後の夢、目標

【堤下裕也】「年齢的に厳しいかもしれませんが、もう一度青春を味わう為に高校生役をやりたいです!(これは夢)。あとは家族の絆とかそういうテーマに関わる作品に出演したいです」

◆担当マネージャー・スタッフからのイチ押しポイント◆
「これまでフリーランスで実力やモチベーションは持ちながらもチャンスに恵まれなかったようで、所属してから本気で現場に参加してくれています。必然的に結果もついてきて、テレビ東京『警視庁強行犯樋口顕』の第1話で、早速役づきのキャストを射止めることがきました。広告のほうでも爽やかな外見から採用率も上々で、今後も二人三脚で早く大きな仕事を決めてあげたい気分で一杯です!」

【プロフィール】
堤下裕也(つつみした・ゆうや)●1985年10月23日生まれ、愛知県出身。特技:和殺陣(8年)・野球(3年)・バレー(1年)・焼肉(13年)。主な出演作は、『終着駅シリーズ』(EX)刑事役、TBS系1月期ドラマ日曜劇場『天国と地獄』、テレビ東京系1月期ドラマ『今野敏サスペンス警視庁強行犯係 樋口顕』小川和樹役 など。
    ニュース設定