『マンガ大賞2021』ノミネート10作品発表 『【推しの子】』、『怪獣8号』、『SPY×FAMILY』ら

161

2021年01月25日 12:03  ORICON NEWS

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ORICON NEWS

写真『マンガ大賞2021』ノミネート作品発表
『マンガ大賞2021』ノミネート作品発表
 書店員を中心とした各界の漫画好き選考員が「今、この瞬間一番おもしろいマンガ」を選ぶ『マンガ大賞2021』の一次選考の結果が、同賞実行委員会より発表され、ノミネート10作品が出そろった。

【写真】ノミネート作品発表!どんな漫画?大人気の『SPY×FAMILY』第1話

 同賞は2008年に創設され今年14回目。昨年1年間(2020年1月1日〜12月31日)に新刊の単行本が刊行された作品のうち、最大巻数が8巻までの作品が選考対象。一選考員が「人にぜひ薦めたいと思う作品を5作品」を選出し、得票数上位10作品(同率順位含む)をノミネートした。なお、第1次選考は95人の選考員から216作品への投票があった。

 今後の予定は、選考員が全ノミネート作品を読んだ上で二次選考を行い、1、2、3位を選定し、ポイント制で集計の上、一作品を「マンガ大賞」に選出する。大賞の結果は3月中旬〜下旬に発表される。

 これまでの同賞受賞作やノミネート作が、数多くドラマや映画化されている。2008年の第1回大賞『岳』(石塚真一、小学館)は小栗旬主演で映画化し、第3回の『テルマエ・ロマエ』(ヤマザキマリ)も阿部寛主演で同じく映画化。また、2012年大賞の『銀の匙』(荒川弘)はフジテレビ系の深夜アニメ枠「ノイタミナ」でアニメ化&Sexy Zone・中島健人主演で実写映画化し、2017年大賞の『響〜小説家になる方法〜』(柳本光晴)は、平手友梨奈主演で映画化された。

■『マンガ大賞2021』ノミネート作品
・『【推しの子】』赤坂アカ・横槍メンゴ
・『女の園の星』和山やま
・『怪獣8号』松本直也
・『カラオケ行こ!』和山やま
・『九龍ジェネリックロマンス』眉月じゅん
・『SPY×FAMILY』遠藤達哉
・『葬送のフリーレン』山田鐘人、アベツカサ
・『チ。―地球の運動について―』魚豊
・『水は海に向かって流れる』田島列島
・『メタモルフォーゼの縁側』鶴谷香央理

このニュースに関するつぶやき

  • 葬送のフリーレンとメタモルフォーゼの縁側の二つしか見た事無いわ�������� フリーレン、いいですね�ؤ�OK
    • イイネ!0
    • コメント 0件
  • やった!スパイファミリー入っとる!!最近mixi記事で漫画の存在に気付いて大人買いしたばっかの遠藤先生ファンなので、かな〜り嬉しい♪(超ルンバ中)
    • イイネ!21
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(90件)

オススメゲーム

ニュース設定