『君と世界が終わる日に』第2話、8.2%と微減……“Hulu商法”は失敗!? 「視聴者をバカにしてる」と批判された日テレドラマ

5

2021年01月25日 15:02  サイゾーウーマン

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

サイゾーウーマン

 1月17日、竹内涼真主演の連続ドラマ『君と世界が終わる日に』(日本テレビ系)が放送開始。ゾンビがのさばる“終末世界”を舞台に描かれたサバイバルホラーだが、初回平均視聴率は8.4%(ビデオリサーチ調べ、関東地区/以下同)となり、前クールで放送された『極主夫道』の初回11.8%を大幅に下回り、いきなり大苦戦を強いられている。

 第1話では、竹内演じる自動車整備工の間宮響が、通勤途中にトンネル崩落事故に巻き込まれたものの、なんとか脱出。しかし、車が路上に放置されるなど、街は異様な状態になっていた。勤め先である工場に向かうと、人を食らうゾンビのような化け物が襲撃。その場から逃げ出した間宮は、消防署に集まっていた生存者たちと合流し、生き別れとなった恋人・小笠原来美(中条あやみ)を探す――という内容だった。

「地上波ゴールデン帯では初の“本格ゾンビドラマ”とあって、放送前には『日本産のゾンビドラマ、珍しいし絶対見る』『海外のゾンビドラマも好きだから、これも楽しみ』といった期待の声もありましたが、放送が始まると『チープ過ぎて笑っちゃった』『ストーリーも演出もクオリティも低くてコントみたい』など、落胆した視聴者が多かった様子。『面白くないし離脱するわ』『1話だけでいいかな』といった声も見受けられるほど不評でした」(芸能ライター)

 いきなり出鼻をくじかれた形となったが、同作はその内容以外にも、問題点が指摘されている。

「この作品は、今期の地上波放送が『Season1』、3月からは『Season2』が動画配信サービス・Huluで独占配信されることが決定しています。日本テレビは以前から、地上波ドラマの続編や後日談を本編終了直後にHuluで配信することが多く、ネット上では“Hulu商法”と揶揄されることも。『君と世界が終わる日に』についても、『Hulu見ないと結末がわからないなら、最初から見ない』『日テレはいつまでHulu商法続けるんだろ?』といった否定的な声が少なくありません」(同)

 また、2019年4〜9月に放送されていた連続ドラマ『あなたの番です』も、同じく“Hulu商法”が批判されていた。最終回の平均視聴率は19.4%を記録し、ネット上でも大きな話題になったものの、さまざまな伏線が回収されることなく終了。本編の内容を補完するような形で、番外編がHuluにて独占配信されることになり、「結局、Huluに入らないとダメってこと?」「最後までちゃんと地上波で放送しろ!」といった不満が噴出し、炎上状態となった。

 しかしその後も、昨年7月に放送された『リモートで殺される』で同様の手法が取られ、やはり大きな批判を浴びることに。

「『あなたの番です』は謎が多く残ったものの、一応、地上波放送のみでも完結する形にはなっていました。しかし『リモートで殺される』は、地上波放送分だけではおおまかなストーリーがわかる程度で、本編終了後にHuluで独占配信された『リモートで殺される 殺人の裏側編』を見ないと事件の真相がわからない展開だったんです。そのため、『連続ドラマじゃなくて、Huluの宣伝しただけじゃん!?』『完全に視聴者をバカにしてる。日テレはやり方が汚い』など、不満の声が噴出していました」(同)

 『君と世界が終わる日に』については、地上波の「Season1」が盛り上がらなければ、“Hulu商法”も失敗に終わることは想像に難くない。1月24日放送の第2話の視聴率は8.2%と微減しているが、ここから人気を獲得することはできるだろうか。

このニュースに関するつぶやき

  • あの海外ドラマのパクリみたいなドラマね。自衛隊とか出るしちょっと興味ひかれて見たけどあまり精神衛生上よくないわ。準レギュラーみたいな人達、死ぬの早すぎだし。
    • イイネ!7
    • コメント 3件
  • あの海外ドラマのパクリみたいなドラマね。自衛隊とか出るしちょっと興味ひかれて見たけどあまり精神衛生上よくないわ。準レギュラーみたいな人達、死ぬの早すぎだし。
    • イイネ!7
    • コメント 3件

つぶやき一覧へ(3件)

ニュース設定