【後編】幼い子どもを置いて離婚していた過去!「なぜ…」亡くなった母が隠していた驚きの事実……

2

2021年01月25日 21:01  ママスタジアム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ママスタジアム

写真ママスタ
ママスタ
母が亡くなり、私たち姉妹には父親の違う姉(Aさん)がいたことが分かりました。すると「会いたい」と言い出した妹。迷惑かもしれないから、そっとしておこうと言ったのですが……。妹は聞く耳を持たずSNSで相手を探し出し、勝手に連絡を取ってしまったのです。

妹が「会いたい」と懇願し、母が亡くなったことも伝えるとAさんは「少しだけなら」となんとか了承してくれたそうです。妹一人で会わせるのもなんだか不安で私も同席することにしました。

種違いの姉後編2
種違いの姉後編3
Aさんの心遣いが身に沁みました。妹は隣で泣いていました。最後にAさんは「お互いの生活があります。今後、どんな気持ちになるかわかりませんが、今日でお会いするのは最後になるかもしれませんね」と言って帰って行きました。暗に「これから私たちと付き合っていくつもりはない」と伝えたかったのでしょう。そして私たち姉妹は……。

種違いの姉後編4
言葉にはしませんでしたが、Aさんは多感なころには母に複雑な感情を抱いたかもしれません。私は妹に「生きていくなかでAさんや母が気持ちの整理をつけて来たことを、わざわざ掘り返すようなことはやめよう」と言い、今後はもう「腹違いのお兄さんの連絡先は探さない」と約束しました。
今回は知らなかった母の過去に触れ、母が一人の女性として生きてきた過去に思いを馳せました。家族のことは知っているようで知らない部分も多くあるのだとしみじみ思ったのでした。
※この漫画はママスタコミュニティを元に作成しています。完全なノンフィクションではありません。
人気記事:【第1話】知ってしまった両親の真実……。信じてきた家族が一瞬にして壊れた瞬間
原案・ママスタコミュニティ 脚本:rollingdell 作画・猫田カヨ 編集・井伊テレ子

■ママスタセレクトで読む

このニュースに関するつぶやき

  • うちの養子が、このAさんにあたるかもしれない。いつか、わたし共夫妻の子ではないと話さなくてはならないし、知ったら実親やきょうだいの事をどう思うか…
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定