“名司会者”ラリー・キングさん死去、新型コロナ感染

2

2021年01月26日 00:50  ナリナリドットコム

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

ナリナリドットコム

写真写真
米国の名司会者、ラリー・キングさんが死去した。87歳だった。多数の著名人へのインタビューなどで知られていた司会者のキングさんは、今月に入ってから米ロサンゼルスのシダーズ・サイナイ医療センターで新型コロナウイルス感染症の治療を受けていたが、1月23日、息を引き取ったという。  

その他の大きな画像はこちら



キングさんが共同設立した制作会社オラ・メディアは、こう声明を発表している。

「ラジオやテレビ、デジタルメディアの各プラットフォームで63年にわたり、ラリーが行った数千ものインタビュー、受賞した数々の賞、そして世界的な名声は、放送人としての彼のユニークで持続的な才能を証明するものです」

その他の大きな画像はこちら



1985年から2010年まで米CNNのトーク番組「ラリー・キング・ライブ」の司会を務めたキングさんは、新型コロナの検査で陽性反応が出たことから入院していた。また、2型糖尿病の持病があったキングは、ここ数年の間に肺がん、狭心症、心臓発作なども患っていた。

キングさんの3人の息子ラリー・キング・Jr(59歳)、チャンス(21歳)キャノン(20歳)は、父親の他界を受けて、故人のフェイスブックにこう追悼の言葉を綴っている。

「私達の父の死により悲しみに打ちひしがれています。そして私達の親族と共に彼の他界を悼みます。世界にとってラリー・キングは偉大な放送人でインタビュアーでしたが、私達にとって彼は『父さん』でした。愛情を持って私達の日々のスケジュールや健康に気を配り、私達が達成したことを、非常に誇りにしていました。それが大きかれ小さかれ、また想像上のものであってもです。そして何よりも、彼が人生よりも私達を愛してくれていたことに疑いの余地はありません。彼は素晴らしい父親であり、幸運にも彼のことを友人と呼べる人にとっては熱烈な忠誠心をもった友人でした。私達は今後も人生を通して毎日父を偲ぶことでしょう」

そして息子達は、訃報が流れた後に受け取った「溢れる愛」をキングさんのファンに感謝し、花代をアメリカ心臓協会やビバリーヒルズ消防団の救急医療サービスに寄付するように伝えている。

キングさんは昨年、娘チャイア(当時51)を肺がんで、また息子アンディ(当時65)を心臓発作で亡くしていた。


元記事はこちら:https://www.narinari.com/Nd/20210163573.html


このニュースに関するつぶやき

  • 合掌。
    • イイネ!1
    • コメント 0件

つぶやき一覧へ(1件)

前日のランキングへ

ニュース設定