『バンドリ! 』志崎樺音・倉知玲鳳が最新シングル&合同ライブの意気込み語る

1

2021年01月26日 12:02  マイナビニュース

  • 限定公開( 1 )

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

マイナビニュース

写真画像提供:マイナビニュース
画像提供:マイナビニュース
●燐子とパレオの過去と成長
メディアミックスガールズバンドプロジェクト『BanG Dream!(バンドリ!)』。プロジェクトの一環として、キャラクターを演じる声優がリアルでもバンド活動を行っており、これまでに4つのリアルバンドが誕生している。

今回は、第2のリアルバンド・Roselia (ロゼリア)でキーボードを担当する志崎樺音(白金燐子役)と、第3のリアルバンド・RAISE A SUILEN(レイズ ア スイレン)でキーボードを担当する倉知玲鳳(パレオ役)にインタビュー。

バンド活動を経て成長したことや、それぞれの最新シングル「ZEAL of proud」と「mind of Prominence」の聞きどころ、合同ライブ「Rausch und/and Craziness 供廚悗琉婬すみなどを語ってもらった。

○●バンド活動を経て変化するふたり

――まずは、それぞれが演じるキャラクターの紹介をお願いします。

志崎 私が演じている白金燐子ちゃんは、Roseliaでキーボードを担当しています。元々はかなり内向的な子でしたが、バンドでの活動を経て徐々に社交的になっている……というよりも、なろうと頑張っています。また、バンドのことを客観視できていて、他のメンバーとは違った視点からの発言をすることもあるんですよ。ストーリーを読んでいると、出会った頃以上にメンバーから一目置かれる存在になったと感じています。

――燐子の変化に伴い、芝居で意識することも変わってきていますか?

志崎 そうですね。口数が少なく、思ったこともちゃんと言葉にできないタイプでしたので、最初はボソボソ喋ることが多かったんです。アフレコでも「もっと弱々しく」と言われることが何度かありました。ただ、今でははっきり自分の意見を伝えられるようにもなっているので、以前よりハキハキ喋る機会が増えています。

倉知 私が演じるパレオちゃんはRAISE A SUILEN(以下、RAS)のキーボードを担当しています。同じバンドでプロデューサー兼DJを担当しているチュチュ様のことが大好きで、彼女を支えたいと思っているんですよ。自称・チュチュ様のメイドです。また、細かいところまで気を配れるタイプで、RASの衣装の手配もしています。バンドを陰で支えている存在と言ってもいいかもしれません。

――2020年はアニメ・ゲーム・舞台と、RASはさまざまな活動を行ってきました。その中で、パレオに対する印象に変化はありましたか?

倉知 パレオちゃんはメンバーに対する向き合い方が特に変わってきています。いい意味でチュチュ様との差が埋まってきたといいますか……壁がひとつ壊れたような気がするんですよ。それは、バンド活動をするなかで、同じバンドメンバーであるという仲間意識が芽生えてきたからなんじゃないかな。

実際、ストーリーのなかでも、以前と同じ「です、ます」調ではありながらも、かしこまった感じが薄れていて、距離感が縮まったことが分かる会話をしているんですよね。例えば、チュチュ様をいじったりとか、冗談を言うことが増えたりとか、パスパレトークでオタク語りをしたりとか(笑)。

――「BanG Dream! 3rd Season」では、パレオとチュチュの過去も明らかとなりました。

倉知 普段のパレオとは雰囲気の異なる「令王那」(パレオの本名)としての姿を見て印象が変わったという方も少なくなかったと思います。チュチュ様への忠誠心がどこからきたものなのか、アニメを見たら納得していただけたんじゃないかな。私自身もあの回を経て、よりパレオちゃんの理解度が深まりました。

○●同じ方向性を向いてまとまるバンドと個性がバラバラでまとまるバンド

――続けて、それぞれのバンドの特徴についても教えてください。

志崎 キャラクターとしてのRoseliaは、「頂点を目指す」を合い言葉に活動するバンドで、音楽に対してものすごく真面目なんですよ。ゴシックでダークな世界観が特徴で、メンバー全員がそれをやりたくてやっています。みんなが同じ方向性を見ていてバンド愛があるメンバーが揃っているのが、演じ手のひとりとしても誇りです。リアルライブで活動する私たちも同じような雰囲気ですね。みんなRoseliaのことが大好き! いつもRoseliaのことを考えて行動しているような気がします。

――キャラクターとリアルがリンクするのが『BanG Dream!』ですが、リアルで活動している皆さんの影響をキャラクターたちが最も受けているのがRoseliaな気がします。

志崎 そうかもしれません(笑)。前以上に、普段喋るときと演奏のときのギャップがあるバンドになっていますよね。「やるときはやる」というスイッチの切り替えができるのも、今ではRoseliaの魅力のひとつになったかなと思っています。

――志崎さんは2018年から燐子を演じることになりました。Roseliaのメンバーとしても途中加入となりましたが、ここまでの活動を経て、メンバーとの関係性に変化はありましたか?

志崎 最初はみんなの足を引っ張ってしまい、助けられてばかりでした。ただ、活動をしていくなかで、自分の持ち味といいますか、人間性を出せるようになってきた気がしています。

――一緒にいることで、Roseliaに馴染めていると自分で感じられるようになった。

志崎 そうですね。みんなが同じことを言っているときに、私だけ別の意見をポッと入れちゃう、みたいなやり取りがよく発生するのですが、それも「私らしさ」なのかな、と思っています。不思議な馴染み方ができているのかもしれません。
○●Roselia「Avant-garde HISTORY」

――対してRASは、どんな雰囲気でしょうか?

倉知 キャラクターもリアルも、バラエティに富んだメンバーが集まっているバンドだと思います。キャラクターたちは通っている学校も年齢も見た目も異なります。リアルバンドの私たちも、それぞれ辿ってきている人生が全然違うんですよね。私と紡木吏佐ちゃんはRASが初めてのバンド活動で、結成当初は声優としてもスタートしたてくらいでした。

対する小原莉子さんは、声優としての仕事もやっていてバンド経験もある、業界の先輩です。Raychellさんや夏芽さんは、RAS結成前から精力的に音楽活動をされていました。得意分野も特性も全然違うんです。服のセンスもバラバラ(笑)。こんなに色々なことが違うメンバーが集まるバンドってなかなかないと、自分でも思っちゃいます。

――なるほど。

倉知 ただ、個性がバラバラだからこそ、お互いに吸収し合えるものがあるんです。音楽に関することで不安なことは経験が豊富なメンバーに相談して、声優のことで分からないことがあれば、経験のある人がアドバイスをしたり一緒に考えたりする。補い合える関係性が築けています。

――倉知さんはピアノやエレクトーンを習ってはいましたが、先ほどもおっしゃっていた通り、バンド活動は初めてのことでした。それゆえの不安やプレッシャーもあったのでは?

倉知 ありましたね。今のRASの前身である「THE THIRD(仮)」が結成されるさらに前、Raychellさん、夏芽さん、あとはPoppin'Party(以下、ポピパ)の大塚紗英さんと私で、『ガルパライブ&ガルパーティ!in東京』というイベントにて、バックバンドを担当する機会があったんです。

当時、Raychellさんや夏芽さんはすでに別の音楽活動をされていましたし、大塚さんもポピパさんのギター担当として、もう人前で演奏されていました。対して私はバンド未経験者。そんな状態の私がメインで歌唱する方を支えられるのか、正直不安でした。

――いきなり大舞台で演奏することになったから、プレッシャーも相当なものだったと思います。

倉知 私の演奏でステージを台無しにしてしまわないか、怖くて怖くて仕方ありませんでした。そんな時、Raychellさんが「一緒にご飯に行こう」とバンド練習以外でもみんなで会う機会を作ってくれたんです。そこで親睦を深めたことで、音楽に関する疑問を皆さんに聞きやすくなりました。演奏のこと、社会人としての礼儀……。色々なことを教えてもらいました。あの時、メンバーが支えてくれる、これならやっていけるかもしれないと思えたんですよね。今でも、メンバーには本当に感謝しています。
○●RAISE A SUILEN「Sacred world」

●あの合同オンラインライブは前哨戦だった
○●お互いのバンドイメージは?

――お互いのバンドについてはどういう印象をお持ちですか?

倉知 Roseliaさんはメンバーの皆さんが同じ方向を見ている。意識の統一がものすごいんですよ。ライブでも、みんなが同じ気持ちで演奏しているというのが伝わってきます。実は、どうやって意識統一されているのか、いつも気になっていて……。どうしているんですか!? 勉強させてください!

志崎 えぇっ!? そうだなぁ……。RASさんもやっているとは思うのですが、イベントとかのとき、舞台袖で「いくぞ!」みたいな気合い入れをするじゃないですか。

倉知 円陣とか、やってます!

志崎 それが合図になっているというか。あれをやったらもう私たちはRoseliaだ! という気持ちに切り替わるんです。それが意識統一も繋がっている……のかなぁ?

――Roseliaはボーカルの友希那が「頂点を目指す」と言ったらメンバー全員がそれに向かって本気になるバンドだと思うんです。だからこそ、まとまりがあるのかもしれません。

志崎 確かに、Roseliaのメンバーは友希那が言うならそうしよう、みたいな側面もありますね。それは命令ではなくて、信頼関係があるからこそ成立しているものだと思うんです。その関係性があるから、ライブでもひとつになれているのかもしれません。でも、こちらからすると、RASさんのライブは心から音楽を楽しめるライブになっているので、憧れています。

倉知 嬉しい!

志崎 ライブを見ていると自然と曲に乗れるんですよね。「この曲の楽しみ方はこう!」というのを、ライブを通じて伝えてくださっている。RASの世界観に持っていくのが本当に上手だなと思います。個人的にも大好き。尊敬しています!

――RoseliaとRASは、合同ライブをやったことがあります。お互いのバンドを近くで感じることで、気づいたことはありましたか?

志崎 合同ライブをやることで、自分たちと向き合えた気がします。初めての合同ライブのときは、メンバーでご飯を食べに行ったり集まったりして、自分たちのよさって何だろう、ファンの人たちはRoseliaに何を求めているんだろう、ということを話し合いました。そこをはき違えてただただRASさんに負けたくないという気持ちの演奏をすると、自分たちを見失ってしまうと思ったんです。RoseliaがRoseliaらしい演奏を全力でやって、RASさんも全力で演奏する。そうすることで、バンドカラーが再発見できた気がします。

倉知 私もまったくの同意見です。Roseliaさんの魅力に触れることで、自分たちの良さやバンドの魅力を改めて知る機会になりました。さらに、12月に行ったRoselia×RAISE A SUILEN合同オンラインライブでは、配信されている映像を自分たちで見ることで、演出の違いにも気づくことができたんです。

演出って、基本的にはそれぞれのバンドらしさをいかに表現するのか考えて、スタッフさんが作ってくださっていると思うんですよ。配信ライブでは、その演出を客観的に見ることができ、とても勉強になりました。
○●バンドとしての魅力が詰まった新曲

――さまざまな活動を経て進化し続けている両バンド。2021年1月にはそれぞれシングルが発売されます。20日には、Roseliaが11枚目となる「ZEAL of proud」をリリースされました。

志崎 「ZEAL of proud」という曲名は「誇り高き熱意」という意味です。Roseliaは頂点を目指すバンドで、それを力強く前向きに表している曲ですね。各メンバーのソロパートは、それぞれが決意を表明しているかのような歌詞になっています。全体を通じてRoseliaの強さや誇りを表現している楽曲になっているんじゃないかな。

――ソロパートのレコーディングはいかがでしたか?

志崎 燐子は「弱めに、控えめに歌う」というイメージがあると思いますが、今回はちゃんと彼女なりに強い意志を持った歌い方をしています。その点にもぜひ注目してください。
○●Roselia 11th Single「ZEAL of proud」

――カップリング曲の「Blessing Chord」はどのような楽曲ですか?

志崎 激しめのロックですが、こちらの曲にもソロパートがあるんですよ。今までよりも各ソロパートが少し長いので、ひとりひとりの魅力がより伝わる曲になっているんじゃないかな。

――「Blessing」という曲のタイトル通り、荘厳な世界観に仕上がっています。

志崎 そうなんですよ! ざっくりとした表現になってしまいますが、「広がる」イメージがあります。ファンタジックな要素も含まれていると個人的には感じています。皆さんの感想も早く聞いてみたいですね。

――ライブでの披露も楽しみですが、演奏の難易度が高そうです。

志崎 すごく難しいでしょうね(笑)。ライブでソロを回すと思うと緊張もする……。でも、みんなで演奏するのが楽しみです。

――Roseliaに続いて、1月27日にはRASが6枚目のシングル「mind of Prominence」をリリース。前回のインタビューでは「さわやかな曲」と言っていましたね。

倉知 そうなんです! 特にサビの部分は疾走感があって、朝に聞いたらその日一日やる気が出るような曲だと感じました。ただ、前回取材していただいたときに、Raychellさんや紡木吏佐ちゃんは、ケンカしていてバチバチな曲だよね、と言っていて……。

メンバー間で印象が違うことって、今まではあまりなかったので驚きました。実は取材が終わった後に、お二人が言っていた視点で曲を聴いてみたんです。そしたら、確かにバチバチで強い曲でもあるなと感じて! 歌詞や歌い方、楽器など、注目するポイントを変えて、皆さんにも何度も聞いていただきたい曲ですね。
○●RAISE A SUILEN 6th Single「mind of Prominence」

――カップリング曲「JUST THE WAY I AM」はどのような楽曲に仕上がっていますか?

倉知 こちらはRASらしいと言いますか……とにかくカッコいい! 「ちゃらっちゃっちゃちゃっちゃららーら」みたいなリフが耳に残ります。あそこはギターもキーボードも同じフレーズを弾いているんですよ。これまでこんなに長くユニゾンして演奏する曲がなかったので、新鮮でした。同時に、よりバンド力が試される曲だとも感じました。

あとは、やっぱりチュチュ様のラップに注目ですね。「自画自賛」を繰り返すのがチュチュ様らしい! RASならではの扇動的な歌詞もお気に入りです。みんなでイェイイェイして欲しいですし、「Shut up!」も一緒に言ってほしい! ライブで絶対に盛り上がる一曲なので、早く皆さんの前で披露したいな。
○●世界制覇を目標に活動していこうと思います

――ライブでいえば、RoseliaとRASの合同ライブ「Rausch und/and Craziness 供(以下、ラウクレ)が2月22日に横浜アリーナで開催予定ですね。

志崎 「ラウクレ供廚任呂修譴召譴離丱鵐匹自分たちらしさを最大限に発揮して、新しい何かを皆さんにお見せできたらと思っています。12月に行った合同オンラインライブは前哨戦だった。そう思われるくらいのライブにするつもりなので、楽しみにしていてください。

――前哨戦だったと言えるその自信、カッコいいです。

志崎 ありがとうございます(笑)。玲鳳さんもそういう気持ちですよね!?

倉知 が、頑張ります! そう、頑張らなきゃなんです。今度のライブはバンドリーマー(『BanG Dream!』を応援する皆様の総称)の皆さんを前に演奏できる予定なので、より気合いが入っていますね。合同オンラインライブで学んだことを生かしつつ、さらによいRASのサウンドを届けられるよう5人で一丸となって練習をしています。セットリストも攻めているので楽しみにしていてください。……あー、言いたいことがいっぱいあるのに、どこまで言っていいのか分からない!

志崎 (笑)。

倉知 とりあえず、Roseliaさんと一緒に演奏する曲があるとかないとか……(てんてんてん)とだけ、お伝えしておきます(笑)。

――ライブが楽しみです! 最後に、今後『BanG Dream!』で実現したい夢を教えてください。

志崎 今も色々な国の方に知っていただけてはいますが、もっと広く、世界中に『BanG Dream!』のよさを伝えたいです。私としても多くの国や人の前でライブができたらなと思っています。まとめると……世界制覇を目標に活動していこうと思います!

倉知 『ガルパ』の全バンドが出演するライブは、いつか絶対にやりたいですね。2020年には、Morfonicaさんという新しいバンドが仲間に加わり、それぞれのバンドの個性もより際立つようになったと思うので、それをバンドリーマーの皆さんにもお見せしたいです。

あとは、RASだけの曲で構成されたライブもできるようになった今だからこそ、またバックバンドをやりたいです! 5人が集まってRASとなり、これまで数々の時間を過ごしてきました。経験を積んで成長したRASのバックバンド姿を、ぜひ多くの方に見てもらいたいです!
○●Roselia11thシングル「ZEAL of proud」

・Blu-ray付生産限定盤
価格:6,400円(税抜)
・通常盤
価格:1,400円(税抜)
CD収録内容
M1.ZEAL of proud
M2.Blessing Chord
M3.ZEAL of proud -instrumental-
M4.Blessing Chord -instrumental-
Blu-ray収録内容
・2020年2月に武蔵野の森総合スポーツプラザで開催されたRoselia単独ライブ「Rausch」の映像
○●6thシングル「mind of Prominence」リリース情報

発売日:2021年1月27日
・Blu-ray付生産限定盤
価格:7,400円(税抜)
・通常盤
価格:1,400円(税抜)
CD収録内容
M1.mind of Prominence
M2.JUST THE WAY I AM
M3.mind of Prominence -instrumental-
M4.JUST THE WAY I AM -instrumental-
Blu-ray収録内容
2020年2月に静岡エコパアリーナにて開催された「Craziness」のライブ映像
「!NVADE SHOW!」MV
○●Roselia×RAISE A SUILEN合同ライブ「Rausch und/and Craziness 供弩演情報

日程:2021年2月22日
会場:横浜アリーナ
出演:Roselia×RAISE A SUILEN
   Roselia(相羽あいな、工藤晴香、中島由貴、櫻川めぐ、志崎樺音)
   RAISE A SUILEN(Raychell、小原莉子、夏芽、倉知玲鳳、紡木吏佐)
・ライブ・ビューイングチケット
一般発売(先着) 2021年2月11日18:00〜2月19日12:00
詳細はコチラ(M.TOKU )

    オススメゲーム

    ニュース設定