全農オススメ「絶品玉ねぎごはん」が話題 おいしさの秘訣を中の人に直撃

259

2021年01月26日 17:31  しらべぇ

  • チェックする
  • つぶやく
  • 日記を書く

しらべぇ

写真(©ニュースサイトしらべぇ)
(©ニュースサイトしらべぇ)

シチューにカレーに鍋にと大活躍してくれる庶民の味方・たまねぎが早くもシーズンを迎えようとしている。農林水産省によると、1月11日の週のたまねぎの全国平均価格は、キロあたり237円で平年比96%となっている。

そんな中、全農がオススメする「玉ねぎごはん」がネットで話題に。

■みずみずしい新玉ねぎ

玉ねぎの収穫は春と秋の年2回で、北海道などでは春に種をまき、そのほかの地域は秋に種をまく。秋にまいた種が収穫時期を迎えるのが通常5〜6月だが、その玉ねぎを早取りしたものが新玉ねぎだ。

普通玉ねぎは、保存性を高めるために収穫してから1ヶ月ほど乾燥させるため、薄皮が茶色いのが特徴。しかし、新玉ねぎは収穫してからすぐに出荷するため、皮が薄くてみずみずしい。

関連記事:ド素人でも時間さえあればできる 「究極のオニオングラタンスープ」の作り方

■見かけたらぜひ試して

全農広報部は25日公式アカウント上に、「新玉ねぎが八百屋さんに並ぶようになりました。見かけたらぜひ試してほしいのが、とても簡単な玉ねぎごはん」。

新玉ねぎが八百屋さんに並ぶようになりました。見かけたらぜひ試してほしいのが、とても簡単な玉ねぎごはん。研いで30分以上浸漬したお米の上に、縦に切り込みを入れた新玉ねぎをどーんと載せ、ベーコンなど(今回はソーセージ)を載せて炊きます。新玉ねぎが柔らかくて甘くて、昨年は何度も作りました。 pic.twitter.com/loJl5LEEXv

— 全農広報部【公式】日本の食を味わう (@zennoh_food) January 25, 2021

「研いで30分以上浸漬したお米の上に、縦に切り込みを入れた新玉ねぎをどーんと載せ、ベーコンなど(今回はソーセージ)を載せて炊きます。新玉ねぎが柔らかくて甘くて、昨年は何度も作りました」と投稿した。

■水は若干少なめがベスト

リプ欄にはおいしく食べるコツについての質問が届いているため、しらべぇ取材班は、その質問者の代わりとなって全農広報部「中の人」にぶつけてみた。

まず、玉ねぎの割合については、「2合につき1個程度が良いのでは」と話す。

また、炊飯器に入れる水は「玉ねぎの水分がでるため、若干少なめがベスト」と語る。味付けに関しては、「ベーコンやウインナーの塩分だけでもいいし、好みによってコンソメ・塩・コショウなどを入れてもよい。バターを入れてもおいしく食べられる」と述べた。

■血液サラサラ効果が期待できる

新玉ねぎも玉ねぎも栄養成分に違いはなく、ビタミンB1、B2、C、カルシウム、鉄なども含まれている。また、玉ねぎの辛みのもとになる成分である硫化アリルも豊富に含まれる。

硫化アリルは、消化液の分泌を促進、新陳代謝を盛んにし、血液をサラサラにする働きがあるため、高血圧や糖尿病などに高い効果が期待できると言われている。

季節の味を楽しめて、健康にもいい。これは試す価値ありだ。

・合わせて読みたい→ジョナサン、秋の味覚が食欲そそる新メニューが全てテイクアウト可能

(取材・文/しらべぇ編集部・おのっち

このニュースに関するつぶやき

  • 書いてるレシピを保存して、利用したいわ
    • イイネ!4
    • コメント 10件
  • 外側を剥いてアタマをカット、根っこをくり抜きバターを詰める。これをチンすれば絶品酒の肴になります。ブラックペッパーと塩少々を振って召し上がれ。
    • イイネ!69
    • コメント 2件

つぶやき一覧へ(90件)

ランキングライフスタイル

前日のランキングへ

ニュース設定